つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ホーリーバジルとコルチゾール ストレス
    ホーリーバジル(トゥルシー)とコルチゾール ストレス

    ホーリーバジル(トゥルシー)の効果・効能のうち、日本ではあまり知られていませんが
    海外では注目されている効能があります。
    そのためにサプリメントとして販売されているくらいなのですが、それが
    コルチゾール抑制効果です。

    そこで、まず、コルチゾールのお話をしたいと思います。

    コルチゾールはストレス反応によって副腎から分泌される
    とても大切なホルモンです。

    本来はストレスに対応して体の機能を一時的に高める大切な
    役割を担うものですが、分泌される量によっては、

    血圧や血糖レベルを高め、運動機能を高め、
    (敵と戦うために備える、さもなければ、逃げるため)

    免疫機能の低下や不妊をもたらします。
    (緊急時にはそんなことに備えている場合じゃないので
    エネルギーをそこには使わない)

    しかし、そのままストレスが高い状態が続くと
    バランスを崩してしまい、そのまま高血圧、高血糖、
    免疫機能低下、不妊の状態になります。

    またコルチゾールは筋肉を作るアミノ酸の働きを妨げる力も
    持っているため、コルチゾールが大量に分泌されると、
    腕や足など筋肉の多い部分は痩せ、脂肪細胞の増殖によって、
    お腹や顔が太っていくという現象が生じます。

    それがストレス性の肥満です。
    また、この時にコルチゾールの働きによって
    糖の代謝のバランスも崩れるので、過食の原因にもなります。

    つまり、過食は心の問題というより、
    脳が出す誤った命令のためなので根性では乗り切れません。
    適切なストレスマネジメントが必要になっているわけです。
    お困りの方は詳しくは専門家に相談されるか、
    コルチゾールで検索して知恵を集めてくださいね。

    さて、コルチゾールがさらに多量に分泌された場合、
    脳の海馬を萎縮させることが、
    近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されています。

    海馬は記憶形態に深く関わっています。
    おもに短期記憶をつかさどり、
    PCに例えるならメモリーの働きを行います。

    この大切なメモリーの能力が ストレスが過剰になると
    落ちてしまい、しかも脳細胞まで萎縮してしまうのですから、
    大変なことです。

    インドのラクナウにあるCentral Drug Resarch Instituteの研究者は、
    ホーリーバジルに、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの
    分泌量を正常に維持する働きがあることを発見しています。

    (J Nat Prod. 2007 Sep;70(9):1410-6)
    http://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/np0700164

    ホーリーバジルには、このストレス反応を軽減するウルソール酸、
    ロズマリン酸、オイゲノールなどが豊富です。
    ウルソール酸はCOX-2を抑制する成分としても注目されています。

    昨年、ホーリーバジルは放射線被爆に有効であることから
    注目を集めました。しかしその効果よりも、もっとみじかな問題として
    このストレスやPTSDによる脳の生機能低下にたいして
    ホーリーバジルが果たす効果が、もっと西欧なみに、
    日本にも広まって欲しいと思います。

    * 参考までに追記にストレスとホーリーバジルについて
    書かれた掲示板をコピペしておきます。
    使用者の、そのままの言葉ですので とても参考に私はなりました。
    そこに書かれている「痛みの信号も抑制する」というのが
    上記のCOXー2を抑制するということで
    簡単にいえばアスピリンなどがこの機能を利用した薬になります。

    下の「続きを読む」をクリックすると開きます。

    ホーリーバジル(トゥルシー)なら もだま工房のHPへ

    続きを読む
    スポンサーサイト

    テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。