つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冬のお愉しみ
    先日、寒い冬のヴァータのエネルギーが高まる日には
    温性のスパイスがトゥルシー(ホーリーバジル)には よくあいますという記事を書きましたが
    ただ言いっぱなしというのも親切じゃないよねw

    と、いうことで、

    冬のお楽しみ
    ただ今トゥルシーのお茶に
    温まるスパイス
    シナモン(カシア)とクローブをおまけにお付けすることにしました♪

    23915921_1758590597507392_2248251774462643599_n.jpg


    トゥルシーとブレンドしてお楽しみくださいね。
    スパイスを入れれば牛乳と混ぜても大丈夫
    生姜を加えてトゥルシーチャイもお楽しみいただけます。


    これを機会に、ハーブティーに自分で好きなスパイスをブレンドすることの楽しみを
    感じてみてもらえたらうれしいです。

    ちょっとした魔女の入り口です(^^♪


    ベースとなるハーブはこちらから


    http://tubokusa.com/index.php?商品紹介

    スポンサーサイト
    久しぶりにホーリーバジルの記事を書いてみた
    石垣島も急に寒い冬がやってきました。

    この数年、気象が極端に変動するから、ハーブたちの栽培にも台風対策や寒さ対策など、
    今まで以上の強さが必要になって新たな試みが増えています。

    そして、今年からは冬のトゥルシーをトンネル栽培することにしました。
    ホーリーバジル トンネル栽培


    石垣島では、トンネルにしなくても冬もトゥルシーは育つのですが2年前は、12月にやはり突然数十年ぶりというほどの寒さが来てトゥルシーたちが枯れてしまったことがありました。

    そういうことがないための予防的処置と、冬の生育を促すことで、夏の台風シーズンの前に収穫のピークを持ってきて、70m級の台風が来てもダメージを最小化しようという作戦です♪

    ホーリーバジル トンネル栽培2


    70m級の台風は、この数年石垣島には上陸していないけど、もし来たら、その時に育っているものは何をやっても守ることはできないので、こうしてリスクを分散して少しづつ通年栽培しているのでした。

    ホーリーバジル トンネルの中


    実は、これが、もだま工房のトゥルシーティーの秘密なのです。

    ハーブは栽培する場所によって、微妙に成分や味などが変わりますから、産地がどこか ということが大切な要素になりますが、それ以上に大切な要素は鮮度です。(^^♪

    とてもうれしいことに、もだま工房のトゥルシーはよその物と比べても、とてもおいしいと非常に高い評価をいただいていて、ハーブ栽培上手!とか誤解されていますが 実は、小規模栽培で一年中作っているから、いつも新鮮だからおいしいのです(笑)

    そして、こういう小規模栽培農家が夏の台風にも冬の寒さにも負けず、海外からの圧力や大規模栽培による価格競争にも負けずに生き残っていくことによって、日本の農業は安心で安全な農業技術も受け継がれ、また、職業の選択の幅も、この国に残されていくのだと感じています。

    だから、今日、あなたが もだま工房に「トゥルシー茶をください♪」と注文すると、それは日本の未来の若者が大地とともに生きる職業選択の自由を守る一歩となるわけですw

    さて、ちょっとした苦労自慢というか、開き直りをここまで読んでくれたお礼に役に立つお話もしましょう♪

    今日のように天気が急に寒くなったりすると体がその変化についていけない・・・ということってありますよね。

    こういう時にこそ役立つのが、このトゥルシーです。

    温性の性質を持ち、ヴァータとカパを減らすトゥルシーはインドで最も神聖な植物の一つで、心と身体の免疫力を高揚させて、ストレス耐性を強めます。

    ヴァータを改善する力が強いので不安や鬱、不眠、ストレスからくる頭痛、皮膚疾患、過敏性腸疾患などを軽減します。

    消化器官に対しては腸内にたまったガスや腹部の膨満感の軽減にも役に立ちます。

    またカパを下げるので、血流を改善して、血糖値やコレステロール値、トリグリセリド値(中性脂肪)を引き下げるほか、
    咳・胸部感染症・風邪・発熱・咽頭痛を軽減し、喘息や鼻炎などにも有効とされています。

    喘息のときには、トゥルシーと一緒にショウガ、黒コショウをとるとよいと文献にはあります。

    (トゥルシーティーはこのようにスパイスとの相性もとてもいいです。シナモンとの相性もとても良くておいしいです。
     今日のような寒い日には特にいいですね。 ただ、逆に体が熱い時には、ピッタをあげるので、やや控えめに。)

    免疫力を高めるトゥルシーは他にも、大腸菌や黄色ブドウ球菌、マイコプラズマ、アスペルギルスなどに対して有効であるというレポートもあります。

    最後に、利尿効果によって、毒素を排出し、排尿痛や膀胱炎、尿路感染症に対しても有効とされています。

    このように循環器官、呼吸器系や神経系、消化管、尿管のスロータスに作用するとされています。

    トゥルシーの持つ効果効能を言い始めるときりがないくらいで、一冊の本になってしまいます。
    実際になっていますが、今日はその中から、少しだけ紹介させていただきました。

    まとめ

    寒い季節への変わり目にはヴァータが高まる。

    ヴァータが高まると不調や痛みが出やすい。

    だからヴァータを下げるトゥルシーがいい。

    なければ、温性のスパイスもいい。(ショウガやコショウ、シナモンやカルダモンはよく、ピグモンやポケモンは効果がない。)

    トゥルシーの薬力源は、ウシュナで、ヴァータとカパを減らす。

    作用するダートゥはラサ、ラクタ、マッジャー、シュクラ。

    ? なんのこっちゃ?という方は、これを機会にアーユルヴェーダとは?と調べてみてくださいね。

    とても面白くて役に立つ世界がその先には広がっています♪

    トゥルシーに興味を持ったら、こちら
          ↓

    もだま工房

    続きを読む

    テーマ:美と健康! - ジャンル:心と身体

    ホーリーバジルとコルチゾール ストレス
    ホーリーバジル(トゥルシー)とコルチゾール ストレス

    ホーリーバジル(トゥルシー)の効果・効能のうち、日本ではあまり知られていませんが
    海外では注目されている効能があります。
    そのためにサプリメントとして販売されているくらいなのですが、それが
    コルチゾール抑制効果です。

    そこで、まず、コルチゾールのお話をしたいと思います。

    コルチゾールはストレス反応によって副腎から分泌される
    とても大切なホルモンです。

    本来はストレスに対応して体の機能を一時的に高める大切な
    役割を担うものですが、分泌される量によっては、

    血圧や血糖レベルを高め、運動機能を高め、
    (敵と戦うために備える、さもなければ、逃げるため)

    免疫機能の低下や不妊をもたらします。
    (緊急時にはそんなことに備えている場合じゃないので
    エネルギーをそこには使わない)

    しかし、そのままストレスが高い状態が続くと
    バランスを崩してしまい、そのまま高血圧、高血糖、
    免疫機能低下、不妊の状態になります。

    またコルチゾールは筋肉を作るアミノ酸の働きを妨げる力も
    持っているため、コルチゾールが大量に分泌されると、
    腕や足など筋肉の多い部分は痩せ、脂肪細胞の増殖によって、
    お腹や顔が太っていくという現象が生じます。

    それがストレス性の肥満です。
    また、この時にコルチゾールの働きによって
    糖の代謝のバランスも崩れるので、過食の原因にもなります。

    つまり、過食は心の問題というより、
    脳が出す誤った命令のためなので根性では乗り切れません。
    適切なストレスマネジメントが必要になっているわけです。
    お困りの方は詳しくは専門家に相談されるか、
    コルチゾールで検索して知恵を集めてくださいね。

    さて、コルチゾールがさらに多量に分泌された場合、
    脳の海馬を萎縮させることが、
    近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されています。

    海馬は記憶形態に深く関わっています。
    おもに短期記憶をつかさどり、
    PCに例えるならメモリーの働きを行います。

    この大切なメモリーの能力が ストレスが過剰になると
    落ちてしまい、しかも脳細胞まで萎縮してしまうのですから、
    大変なことです。

    インドのラクナウにあるCentral Drug Resarch Instituteの研究者は、
    ホーリーバジルに、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの
    分泌量を正常に維持する働きがあることを発見しています。

    (J Nat Prod. 2007 Sep;70(9):1410-6)
    http://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/np0700164

    ホーリーバジルには、このストレス反応を軽減するウルソール酸、
    ロズマリン酸、オイゲノールなどが豊富です。
    ウルソール酸はCOX-2を抑制する成分としても注目されています。

    昨年、ホーリーバジルは放射線被爆に有効であることから
    注目を集めました。しかしその効果よりも、もっとみじかな問題として
    このストレスやPTSDによる脳の生機能低下にたいして
    ホーリーバジルが果たす効果が、もっと西欧なみに、
    日本にも広まって欲しいと思います。

    * 参考までに追記にストレスとホーリーバジルについて
    書かれた掲示板をコピペしておきます。
    使用者の、そのままの言葉ですので とても参考に私はなりました。
    そこに書かれている「痛みの信号も抑制する」というのが
    上記のCOXー2を抑制するということで
    簡単にいえばアスピリンなどがこの機能を利用した薬になります。

    下の「続きを読む」をクリックすると開きます。

    ホーリーバジル(トゥルシー)なら もだま工房のHPへ

    続きを読む

    テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。