つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    マスコミはいつもそうです。
     以前石垣島の大規模リゾート計画の
    問題に取り組んでいるとき
    いくつかのマスメディアの取材を受けました。
    で、楽しみに番組放映を待つんだけど(笑)
    上からの意向で(スポンサーの意向で)、あの内容は変更になりました
    とお知らせが来たり、ひどいものになると
    趣旨がま逆にかえられて放映されるなんてこともありました。
    で、その、問題視されている企業が
    スポンサーになっていたりしたものです。(爆)

    だから、本当のことを知りたいと思ったとき、
    マスコミは参考になるかもしれない資料の一つでしかないと
    思い知らされました。

    さて、NHKで、「ちょっと変だぞ日本の自然Ⅲ」と言う番組が放映されたようですね。
    参加しているメーリングリストでお知らせが来ました。
    私は見ていないんだけど、さもありなんと思うので紹介します。

    「ちょっと変だぞ日本の自然Ⅲ」は変だと思った


    いつも、この手の番組を見ると思うことがあるけど
    上手く表現できなかった。

    そうそう、こういうことが言いたかった。
    上手に伝えてくれています。

    洞爺湖サミットがあったおかげで、
    今年は環境についての番組が本当に沢山増えて、よかったとおもうんだけど
    いつも最後はこんな感じにまとめられているのが、とても残念。

    個人の努力は気候変動に対して実効性があるからしているのではなく
    何とかしていこうと言う世論を盛り上げていくための運動だと私は個人的に思っています。

      
    ハチドリは環境危機を救うか

    ハチドリよりスウェーデンの道を

    ハチドリよりスウェーデンの道を 続

    こういった視点がこれから、どんどん大切になっていくと思います。
    それを実現するためには?
    今までとは違ったアクションの仕方が求められる気がします。
    一緒にに勉強できたらいいですね。

              



    スポンサーサイト
    台風は来ない?
    台風が接近中。
    直撃は避けられそうなのでちょっと気が楽だ。
     
     ところで、今年は台風が石垣島には来ないという予言をしている
    ユタの方がいるという噂♪

    また、ねずみ年には台風が少ないとか言う噂も。

    当たるといいな~。

     さて、台風対策も終わりちょっと時間があるのでひさしぶりの更新です。

    思えば、七月も、もうすぐおしまい。


    森の中ではコノハズクの雛たちが立派に巣立ちを向かえ


    コノハズク




    セミたちも羽化をして


    羽化


    大合唱♪


    せみ


    そして わたしも ○十歳♪ 誕生日


    誕生日



    台風が去ったら、また頑張ろう。

    季節はめぐり、命はめぐるのだ。



    さて、mixiにそっと、環境問題と原油価格の高騰について
    思うことを書いてみた。
     mixiに参加されている方で、興味のある方覗いてみてくださいね。

    人気blogランキングへ


    バイオエタノールの可能性
    今宵も月がきれいです。


    さて、今日は石垣市ゆばなうれ大使(経済大使)の
    小泉武夫 先生の講演会に行ってきました。

    小泉先生は発酵学の権威。
    『食と農から地域活性を考える』というテーマでお話を伺ってきました。

    地産地消で大成功を収めている
    高知県の南国市の話をはじめ、
    え~話をいっぱい聞かせてもらった。
    でも、そんな中で、ショックだったのが
    今話題のバイオエタノールの話。

    バイオエタノール生産が原因で
    昨今の食物価格が高騰しているのは、
    皆さんご存知のとおり。
    ついでに、
    その原料であるとうもろこしを作るために、
    アマゾンの原生林がすごい勢いで
    切り開かれているのも
    皆さん知っていますよね?

    でも、それじゃ何のためのバイオエタノール?
    という疑問もさることながら
    この生産技術、植物の糖類をアルコールに変え、
    それを蒸留するというプロセスを通さないと
    エチルアルコールを作ることが出来ないらしい。
    まぁ、純度を高めるにはそうだわな。単純にいって。
    で、蒸留するためには、それを炊き込まなければいけない。
    そのためには、沢山の化石燃料を必要とする。
    つまりプラスマイナスしたら、
    どっちがCo2削減かよくわからんそうだ。

    では、どうして国内でこんなに、
    盛んに言われているの?と問えば
    地方自治体がこのバイオ~に取り組めば、
    国から予算が出るからだそう。
    では、どうして国はそんなにバイオエタノールを
    推奨するかといえば
    それは不明だが、
    単純に、もっとバイオエタノールを作ろうと
    ブッシュさんがいえば
    穀物価格が高騰し、
    その結果その原料を生産している
    アメリカの農家&ブラジルで原生林を焼き払っている
    アメリカ穀物メジャーが
    儲かるという構造は、
    理由はともかく間違いなくあるわな。
    どうやらその辺に
    この問題のからくりがあるらしい。

    ちなみに穀物以外のものから
    バイオエタノールを作ろうと言う
    日本の提案を拒んだのはアメリカとブラジルだったね。

    バイオエタノールは、神話のようだ。

     じゃあ、それに変わる代替エネルギーは?
    と、場所を変えて、飲みながら話を聞いたら


    もうちょっと昔の生活を見直そうという答えが返ってきた。

    新技術によるオルタナティブなものは、どうやら、なさそうだ。
    いまのところは。

    その後、副市長や市の企画部部長さんたちとお酒を飲みながら
    キューバやスウェーデン、最近の石垣市民の
    ネットワークの話などをさせてもらった。



    やべ~~~~~~!!、えらい反応がいい。

    と、いうことで
    石垣島を、緑の福祉アイランドにするという妄想が
    ちょっと現実味を帯びてきた。

    酒の席だからかもしれないけど(爆)
    一歩前進かもしれんよ。

    楽しくなってきた♪

    人気blogランキングへ

    ちゅら島エコフェスタ

    ご無沙汰しています♪。

    今日はお知らせです。
    7月13日、石垣島バンナ公園で「ちゅら島ecoフェスタ」
    というイベントを行います!

    いいだしっぺはフェアトレードのお店『なちゅらる宇宙人』の

    くりんさん


    明日の八重山毎日新聞オーライで、紹介されますが
    その想いに共感した、すばらしい仲間たちが中心となって
    手作りで行われるイベントです。

    ちょっとだけ、私もお手伝いさせてもらってます。


    女の人たちのパワーに圧倒されてます。



    で、きのうは、拙者も、FMいしがきに生ゲスト出演してPR!
    ラジオ初出演♪

    かなり、つっこみを入れられながら聞かれていたようですが(笑)
    、緊張しちゃってね~。

    さて、詳しいことは、 こちら
    と当日をお楽しみに。


    さて、余談ではありますが
    環境問題とは一言で言うと
    「目的外の結果の蓄積」だといいます。
    豊かさと便利さという「目的」を追求した結果、
    その副産物として環境負荷という「目的外の結果の蓄積」が
    自然の持つ自浄作用の許容を越えてしまった。

    そのため、このままでは人類を含む生物の生存の基盤が
    危機的であるということです。
    IPCCの報告を待つまでもなく、
    身近なところから、私たちは気がついていたはずです。
    すくなくとも、ここ、石垣島でも、
    この十年間で姿を見ることが出来なくなった多くの生き物たちを、
    こんなに情報の少ない島にまで聞こえてくる世界中の異常気象と
    そこに苦しむたくさんの命を
    思い出せば、その先のことを想像するのは
    そんなに難しいことではないと思う。

    環境問題は人間社会の経済活動にとって、マイナスになるから
    なんとかしなければいけないと
    悠長な勘違いしている偉い人も多いようだが、
    そんなこともわからないくらい
    自分の経済活動に没頭しなければ
    人は豊かになれないのでしょうか?

    だとしたら、
    私たちが選択する「豊かさ」とは、なんでしょう?。



    でも、私は、希望の光を見ています。

    夜明け前はいちばん暗いという例えもあります。

    もし、
    あなたが環境問題を本気で考える人なら
    人間のおろかさに
    救いを見ることが出来ないでいるかもしれませんね。

    それくらい、絶望的な気持ちを持ってしまう・・。

    知れば知るほど、今は、そんな状況かもしれません。

    けれども、その危機感を共有しているからこそ、
    世界や、日本のあちらこちらで
    新たな動きがどんどん出てきています。

    変な話ですが、
    絶望が希望の種となって新たな芽を出してきています。

    その芽が、花開くことが間に合いますように。
    そして
    願わくば、そんな花のひとつになれますように。

    ・・・・

    はい。
    しおらしいことを書いてみましたが


    私が、貧乏暇なしなのも、あれこれとおもろいことに首を突っ込み
    してるうちに、、、という目的外の結果の蓄積だと気がつきました。

     身近な環境問題、っていうか、生き方自体が環境問題な俺ちゃんでした。






    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。