つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    泡瀬干潟のこと

      琉球新報より



    「埋め立て」に疑問続出 

    泡瀬干潟を視察2009年2月6日
    中城湾港泡瀬干潟埋め立て事業を視察する公共事業チェック議員の会のメンバー=5日、沖縄市

     【沖縄】
    超党派の議員連盟、公共事業チェック議員の会(会長・鳩山由紀夫民主党幹事長)の7人は5日、沖縄市を訪れ、中城湾港泡瀬干潟埋め立て(東部海浜開発)事業を視察したほか、市内で東門美津子市長や泡瀬干潟を守る連絡会と意見交換した。
     一行は沖縄総合事務局職員から事業の進捗(しんちょく)状況などの説明を受けながら、新港地区の浚渫(しゅんせつ)工事や埋め立て現場を視察。第1区域護岸内のサンゴの様子や沖縄市が移植を行ったサンゴなども海上から見た。議員から職員に対し「土砂を捨てるための埋め立てではないか」「西ふ頭が空いている中、新たな工事が必要なのか」「計画が頓挫している。説明つかない中、事業をやっている」などと同事業の必要性について厳しい質問が相次いだ。
     この後、一行は沖縄市役所に東門市長を訪問。埋め立て工事の中断を求めた。

    とのこと。国会議員さんたちも動き始めたようです。

    当日の詳しい模様は、こちらのブログ


    また、TBS「news23」が2/10(火)に報道してくれるそうです!!





    この問題については、こちらにも









    以上お知らせでした。

    李 大人については又次回(笑)。

    スポンサーサイト
    世界のツボクサ中国 その一
      長寿のハーブといわれるツボクサ

    その伝説として、語られる人物  Li Ching-Yuen。
    今回は、彼を紹介しましょう。




    Keep a quiet heart,
    sit like a tortoise,
    walk sprightly like a pigeon and sleep like a dog
    .



    このLi大人は1677年に生れ、1933年になくなった。
    23人の夫人にわかれ、亡くなった時は24番目の夫人と住んでいた。
    大学で長寿に関する講演を28回もし、3時間の講演をした時は、
    すでに200才をこえていたが、姿勢はよく、
    とても52才以上には見えず、髪も歯もあった。

     その生活は、「心は静かに」、「亀のように坐わり」、
    「鳩のように歩き」、「犬のようにねむれ」
    というのであり、厳格な菜食家であった。
     そして、二種の薬草からつくった茶を常用していたが、
    その一つはこのツボクサ。も一つは人参(朝鮮人参)だった
    人参(根)以外は、すべて地上に生ずるものばかりを食べていた。

    といわれている。


    さすが、ツボクサ!!

    って言うか、怪しすぎますLi大人!!

    上記の文章は
    http://www.tanabe-shokuhin.co.jp/aosiru/kenkoutoaosiru/bunya/zairyou/zairyou7.html

    から、引用させて頂きましたが、この記事を書いた方も

    「それほどの長寿者が、
    しかも最近まで生きていたというのに、
    知られていないのはいかにも不審と書いている(笑)

     もっともである。

    それでも

    「それはともかく、このツボクサには、強壮効果、栄養効果があり、
    虚弱者、衰弱者の治療に比類のないもので、消化、吸収をよくし、
    代謝をすすめ、顔色をよくする。また、大量には強精効果があるという。
     これは、あるいはこの草に特殊の有効成分があるのかも知れないが、
    一般緑葉の効果としても十分理解されることがらだ。
    煎用のほか、粉末としてもよいとあるが、生食したり、青汁にすれば、
    いっそう効果的だろう。」

    と、まとめられている。

    それにしても気になるのはLi大人!!


    そこで調べてみた。

    いた!!

    この人物だ。


    1      


    Li Ching-Yuen



    Li Ching-Yuen


     やばい、ますます怪しい!!





    ところが、、、、、


    詳細は次回ね♪


    テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    沖縄の自然のピンチその2
    石垣島でも。。。



    米原リゾート計画予定地に動きがあった。


    米原という場所

    米原という石垣島にはとても美しい海があります。
    そこには、世界でここだけにしかいない昆虫がいたり
    (石垣島にしか、いないのではなく、この米原という
    とても狭いエリアにしかいない!)、
    ヤエヤマヤシという 石垣島では
    この場所だけに群落を作り天然記念物
    に指定されている林があったりする場所です。

    他にもこの場所では約10種類もの天然記念物の
    生き物に出会うことができ、
    レットデータブックに記されている種は数知れずという
    場所です。

    そして その前に広がる海は
    八重山諸島でも1,2を争う珊瑚礁被度と生存度を持ち
    (これは世界でも有数の場所ということになります。)
    海がめが産卵に訪れ、とても沢山の熱帯性海水魚と出会える
    海です。

    石垣島に観光に訪れた方の90%が
    行くといわれるビーチです。

    また、先日、旅行ガイド
    「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」フランス語版で、
    最高の「3つ星」に格付けされた川平湾(石垣市)の、
    湾を挟んだ対岸につながるのが、この米原の海です。
    ちなみに、石垣島は「2つ星」に格付けされました。

    http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20090203rky00m040005000c.html

     その海岸近くに大型リゾート計画が
    持ち上がったのはもう何年も前でした。
    この計画は大きな反対運動を呼び起こし、
    それを機に島では自然や風景を守ろうという運動が広がりました。

    stop米原リゾート

    当初、事業主体の企業側は環境調査をした結果
    反対派が主張するような自然は、このエリアにないと
    インターネット上などで反論を主張していましたが
    市民の調査で、その環境調査のデータの編集(改ざん?)が、
    あきらかにされ、さらに、その運動のさなか、
    その海は、生物の多様性を理由に国立公園(海中公園)
    に指定されました。
    そして山側も、国立公園になりました。

    さらに石垣市は
    自然環境保全条例や、風景作り条例を施行。
    今では市の定めた、これらの条例を破らなければ、
    このリゾート計画は実現できなくなり、
    事実上凍結されていたのでした。

    ところが、市や県に対してすら
    開発同意申請を出すことなく、
    いきなり、このリゾート予定地の開発が始まった。

    もし、リゾートのための造成ならば
    無許可開発です。


    現在、事実確認中ですが、
    一昨年リゾート開発のために
    『農業振興地』の指定を除外した
    この土地で、この大手企業と、
    この土地の売買契約をした
    法人が農業をするために
    現在、造成が行われているそうだ。

    それならば、この企業はは、この土地に
    リゾートを作ることを完全にあきらめたのだろうか?


    農地を作るためといわれれば仕方ないと
    役所は判断したそうだが、
    一時このように、農地にするからといって森林や原野を
    造成開発し、1~2年したら、宅地やリゾート開発を
    すれば、市の条例による規制の網を
    かいくぐることが出来る。

    これは、その為の脱法行為に違いないという憶測が
    広まり、心を痛めている。

    この、憶測が事実で無いならば
    いらぬ疑いをかけられないように
    企業側は、「リゾート撤退」を表明してほしい。

    さて、

    リゾート開発予定にあたり
    企業は石垣市に提出した
    「環境調査報告書」に、
    この計画地に住む天然記念物の
    オカヤドカリの保護の方法について、
    次のような手法を用いると書いている。


    「自力移動を促す。」


    この、伐採の前に、ちゃんと促してくれたのだろうか?


    PICT0001y2.jpg


    PICT0003y.jpg


    ヤドカリが、企業の説得に応じて
    速やかに避難してくれたことを望みます。泣

    なお、事実に誤りが無いか、この企業には質問をし、
    返答がありましたら、こちらで、その意見も書かせていただこうと思います。

    最後に きれいな米原 の映像をお楽しみください。





    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

    沖縄の自然のピンチその一
    前回アップした記事が3つも動画を載せたせいか
    どうも調子が悪い。

    でも、伝えたいことなので
    懲りずに、もう一度アップしました。

    改めて削除することもあるかもしれません。
    気になった方は、早めに見てね。

    以下はその記事です。




    ニュースと言うのはとても心が痛むことが多い。

    世界に目を向ければ、何時だって、そうなのかもしれないが

    これも、明らかにおかしいでしょ?

    という問題が沖縄で起きている。

    日本一の生物多様性を誇るあわせ干潟の埋め立てが始まったのだ。

    那覇地方裁判所は、この大型公共事業は経済的合理性が無いとして
    公金の支出を禁じる判決を出したにもかかわらず。




     そして、50億もの巨額を投じ、この青い海へ土砂を投じることにした。





     きっと原告団は国を相手に
    工事差し止めの仮処分申請など、
    忙しい対応に追われていることだろう。
    皆も是非、応援して欲しい。



    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。