つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    永田農法で育てるハーブの本
    「おうちでかんたん 永田農法のハーブ」
    が出版されました。

    著者の 永田洋子 さんは熊本県天草の生まれ。
    永田農法の創始者である永田照喜治(てるきち)氏の長女。
    アグリ・ナガタ代表。
     鉢植えでの永田農法のアドバイザーに従事する一方、
    野菜研究家として東南アジア、南米、インドネシアなどで
    調査・技術指導、またJICA嘱託として東ティモールを調査、
    アグリビジネスの案件形成に携わっています。

    自らのお仕事を、緑を増やす仕事を
    していきたいという思いをこめて
    「グリーン・カタリスト」と称しているそうです。
     グリーンは緑、カタリストは触媒の意味。

     お家のベランダの一鉢から、
    砂漠化のすすむ厳しい環境まで
    幅広く対応する永田農法を通じて、
    世界を股にかけて活躍されています。

     永田農法は知る人ぞ知る、
    とても味が濃くて美味しい農作物を作る
    奥義のような農法で著名な料理人などにも
    大変ファンの多い農法ですが 
    ただ、ちょっと難しいという意見もあります。

     ところがこのたび出版された本は

    おうちで かんたん   です。

    私も読ませて頂きましたが、

    本当に簡単です(笑)。

    うん、これなら大丈夫。


    一応私もプロですから、なんでもできるんですけど
    やっぱり、失敗はします。
     っていうか、失敗ばかりしています。

    でもそれって、たいていの場合、原因は
    何かの「しずぎ」 なんですよね(笑)。

    植物の本来持っている力を引き出すことができれば
    手間なんて本当は、ほとんどかけなくていいですね。

    余計なことをしてしまうから、その反対の方向に
    今度は又、手間がかかる・・・。

    手間をかけなくてもいい農法。
    だからといって、もちろん放任とは違います。

     その植物がもともと、どのような環境の中で生きているかを
    しっかり知ると、そのような環境に近づけてあげることで
    その植物の持っている本来のパワーが生きてきます。
     この本ではそんな知恵も含まれて居ます。


    私がつぼくさを栽培するに当たっては、
    当初、本当に手間がかかりました。

    誰もつば草を栽培していなかったからです。

    でも、振り返ってみれば私がかけた、
    その手間というのは、「畑で栽培する」にあたって
    畑をつぼくさにとって自然な状態に「整えなおす」という
    手間でした。

     それは、植物を観察し続けることによって
    だんだん解ってくることですが、
    とても長い時間がかかることです。

    先人が、代わりにみつけてくれたものに関しては
    その技を教えてもらうことが、一番の近道です。

    それが、こちらの本。

    おうちでかんたん 永田農法のハーブ

    おうちでかんたん 永田農法のハーブ


    永田さんとは
    何度か、メールやお電話でお話をさせて頂いていますが、
    農業を通じて、環境破壊や、途上国の経済的問題を
    改善させるため、日々尽力されていて、

    私の勝手な印象では(笑)、とても無欲でかっちょえー人です。

    現在も東ティモールという2002年に独立したばかりの国
    (日本の自衛隊も国連平和維持活動 (PKO) として派遣されたことで
    記憶されている方も多いですね)で、失業率のとても高いこの地のために
    産業を創出すべく奮闘されています。

    そのひとつとして、ツボクサや、ハーブが、
    かの地から日本に輸出される日も近いでしょう。

    さて、私もこの本に紹介して頂きましたが、
    アジアハーブの普及、ツボクサの普及は、これからの日本には
    とても意味のあるものだと励ましあっています。

    シマノ特産品化を目指す私には東ティモールはある意味、強敵ですが(笑)
    混乱の世では、強敵と書いて「とも」と読みます。(by北斗の拳)

    よりよいものを、より、環境負荷の少ないやり方で。

    私も、永田さんの本で勉強させてもらいながらがんばります。



    もだま工房へ の問い合わせ


    スポンサーサイト

    テーマ:農業 - ジャンル:海外情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。