つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    野菜として、ゴッコーラはいかがですか?

    マレーシアや、スリランカ、タイなど暑いアジア諸国では
    万能の野菜として食べられているツボクサ(ゴトゥコラ)。
    日本は、温帯に属するため育たるのが難しく、これまであまり知られていませんでした。

     沖縄の更に南、石垣島では、とても旺盛に育ちます。

    tubokusa1.jpg


    しかし本州には、とても遠いため、野菜として出荷するには
    輸送コストがかかりすぎるし、これまでは、
    健康野菜としての魅力をアピールすることが出来ませんでした。

    ところが!

    石垣島以外でも、これほどのすばらしい食材を、
    見過ごしてしまうのはあまりにも惜しい!と
    ゴッコーラ(ツボクサ)を広めるための活動をしている方がいます。
    島根県隠岐郡海士町ではたらくスリランカ人、サミーラ・グナワラデナさん。

    スリランカでは、アーユルヴェーダがとても盛んで、
    ツボクサは赤ん坊の食事には欠かせないものだそう。
    本場の知恵を日本に紹介してくれています。

    私はサミーラさんとは以前、メールのやり取りをしたことがあるだけで、
    面識はありませんが、とても知識が豊富で誠実な方という印象を持ちました。

    サミーラさんは、「ゴトゥコラを食べる会」と称して、海士町を飛び出し
    全国各地でゴトゥコラを広めるイベントを開催し、
    ツボクサ(ゴトゥコラ)の普及に力を注いでいます。


    日本でも自生する「万能の野草」を食す

     
    なんと毎月一回、生のゴトゥコラを送ってもらえる
    ゴトゥコラ部

    もあり、その特典は、盛りだくさん♪
    オリジナルTシャツまでもらえて、年会費はたった2500円!!

    はっきりいって、本人が言うのもなんですが、もだま工房
    サービスの点で断然負けています(爆)


    まぁ、それは、ね。この際おいておいて(汗)

    このように、ツボクサ普及のために頑張っている方なので
    ご紹介させて頂きます♪

    そして、ゴトゥコラ部では、ツボクサ(ゴトゥコラ)を使った料理のレシピも
    募集していますので、料理の自身のある方是非、応募してみてください。
    優勝者には海土の幸10000円分があたるそうです。


    そして、もうひとつ、お知らせ。

    第31回日本アーユルヴェーダ学界東京研究総会


    が11月28日から2日間行われますが

    11月29日(日)  学会二日目 14時45分より

    シンポジウム8
    アーユルヴェーダの薬草製剤の和纂化というテーマで
    パネリストの一人として私も参加します。
    アーユルヴェーダ薬草の石垣島での栽培という お話も少しさせて頂きます。

    また、隠岐から、ゴツコーラ栽培家として
    サミーラさんも 参加することが決まったそうですので、
    会えるのをとても楽しみにしています。
    当日はツボクサについて
    かなり突っ込んだお話が聞けることと思います。

    皆様の参加をお待ちしています♪



    つぼくさ茶のことなら もだま工房のHPへ

    スポンサーサイト

    テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    アカメガシワ
    生命力溢れる植物たち。

    石垣島では、畑も、庭も
    ちょっと、手入れをサボっていると
    すぐに草がボーボーになってしまいます。

    そんな状況を、「山に返ってる」と この島では表現されたりします。

    畑人(ハルサーと読みます・農家のこと)としては、
    うんざりすることで、
    「俺は、一生草むしりをして終わってしまうのではないか」
    などと、悲しい気持ちに支配されてしまうこともあります。

    でも、今日のように、秋晴れの すがすがしい日には
    「人が使わなくなった土地は、
    こうして自然に帰っていくのだ。」 と思う。

    自然の永劫に変わらない営みを感じる。

    にんげんの個々の振る舞いなど小さなことなんだから、
    そんなに悩まなくてもいいのだと、
    不思議な安堵感にも満たされることもあります。

     さて、使われなくなった土地や、道路工事などで
    新たに削られた土地や、荒地などに、
    最初に生えてくる木のひとつが

    アカメガシワ。
    アカメガシワ1


    なんにも生えてなかった土地に、いつの間にか芽を出し
    一年余りで2mを越え立派な木になってしまいます。

    この種は、20年余りも土の中で生きていて、日の光が当たるのを待っている。

    このような種のことを埋蔵種子群といいますが、私もそのひとつです♪

     そして、石垣島では、台風のたびに
    人に気づかれることも無く、島中にこのような種が
    ばら撒かれているので、どんなに草を抜こうが、
    雑草は永遠に不滅です。

    そして、ちょっとサボるとこんな木まで生えて、
    一年も放置しておけば、文字どうり森になってしまいます。

     そんな森だけど、さり気に、とんでもなく役に立つ木が
    このアカメガシワ。 

    古くから胃潰瘍や腫れ物に良いと珍重されてきました。

    近年、便秘や下痢等の腸のぜん動運動の異常を整えるとして
    注目を浴びているとともに、胃潰瘍の医療用の薬の原料にもなっています。

     胃腸の過度の緊張を抑えて、胃粘膜を保護し、胃の炎症を鎮め、胃潰瘍を予防します。

    また血液の循環を良くしますので
    ストレスの緩和や精神安定の効果があるともいわれています。

    外用では、あせもや湿疹の治療に葉を浴剤としても用いられています。

    ちなみに、石垣島では、沢山のヤギが飼われています。
    ヤギはとても生命力が強く、繁殖力旺盛なことは 
    とても知られていますが、このヤギの大好物が、
    このアカメガシワなので 山道に行くと、
    飼い主がアカメガシワを集めている風景によく出会います。

    消化器系が強くなると気力が充実し活力が出ます。
    血液の循環がよく、ストレスに強いカラダをつくる植物を、
    餌としてもらっているヤギちゃんは、怖いくらい、気も強く
    丈夫です。その強い生命力を、お祭りや祝い事では、
    人間がいただきます。
     合掌。


    余談ですが、アカメガシワには医薬品として
    使用される成分が含まれているので、
    「医薬品」に指定されていましたが、
    平成13年に厚生労働省の医薬品の範囲に関する基準の
    改正によって、食品にも使えることになりました。

     だから、ぽのぽの茶にも入っています♪

    もだま工房のHPへ

    テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    台風接近と NHK「ご近所の底力」
    今回も近くまで来ながら迷走を続け、
    ひやひやさせられた台風。

    しかし石垣島には、上陸しませんでした。

    おかげさまで、ことしはハーブたち、順調です♪
    だけど、モリンガの花は吹き飛ばされてしまった。
    楽しみに待っていてくださった皆様。次回まで
    待っててね。

    さて、最近の石垣島。
    自然環境を守ろう!海を守ろう!
    という声が盛んになってきました。

    数年前。大型リゾート開発の反対運動が起きるまでは
    自然を守ろうなんていうと、それは経済活動に
    反対するものと考えられていて

    『自然で飯が食えるか!?』なんて
    逆に白い目で見られたものです。
    時代の流れのおかげで、いまや、海を守ろうという声も
    当たり前のこととして、この島でも受け入れられています。

    それは嬉しいことでもあり、でも、裏を返せば
    それだけ、明らかに海の変化が、やばい!と
    感じさせられる物があるからで、
    嬉しがってばかりは当然居られない。

    昨日も、台風接近で中止になってしまったが
    「トロピカルラヴァーズビーチフェスタ」というイベントが
    ホテルのビーチで行われる予定だった。
     中止になったから言っちゃうけど(笑)
    「・・・で、どうしてこのイベントがエコなの?」
    という突っ込みどころは満載だったモノの
    島の環境保護をテーマとしたイベントだったし、
    ちょっと残念。

     そして、今日。
     NHK 「ご近所の底力」美ら海のサンゴを守れ
    http://www.nhk.or.jp/gokinjo/backnumber/091025.html 
    で、石垣島の 海の危機が伝えられた。

    番組では オ二ヒトデの大発生と、海水温の上昇で
    珊瑚が40年前の 80パーセントが既に死んでしまったと伝えていた。
    これ以上の珊瑚被害はこの海域のサンゴの絶滅につながるとして
    オニヒトデの駆除をしなければいけないのだが、ボランティアに頼った
    その労力、資金は限界を迎えるのは時間の問題であり、どうしたら
    継続的に、この問題に取り組むことが出来るか?と。

    ・・・短い番組時間内に、これだけ伝えてもらえたら、それはもう
    感謝です。でも、このブログでは時間があるので(笑)
    もうちょっと言っちゃうね。

    オニヒトデの大量発生は、はっきり言って人災の側面が強い。
    陸域の開発、とりわけ、畑から流れ出る赤土が
    化学肥料をたっぷり含んで、海を「豊栄養化」し、
    堆積したシルト(粒子の細かい泥だと思ってください)が、
    オニヒトデのゆりかごになっている。

    このことは、科学的には証明されていないとして
    (それを実験で反証することは物理的に無理なので)、
    あまり声高に言われることはないが、研究者の間では 
    ほぼ、現在のところ定説といってもいいだろう。

    さて、この、数日 台風接近に伴い石垣島地方は大雨が降った。
    それに伴い、相変わらず海は、赤く染まった。

    赤土流失

    漁業者、ダイビングショップの方たちが、ボランティアで
    珊瑚を守ろうと苦労をしているのに、
    全国の心ある方々の善意の寄付金で
    八重山の珊瑚を守ろうとしているのに

    赤土流失の原因の筆頭である
    沖縄のさとうきびは
    売り上げの実に8割を国から
    補助金を貰うことで成り立っているのに
    そのおかげで海外の10倍以上の値段の砂糖を
    国民は買っているのに

     国は何十億という補助金を出すことで、
    沖縄のさとうきびを育て、
    その畑から出る赤土対策で
    何百億という土木工事を行い、
    更に何億も出して、その結果ふえたオニヒトデを退治する。

    足りない分は、ボランティアと国民の善意でお願い?


    私は歯がゆくて仕方が無い。

    畑から赤土を出さない方法だって実はあるのだ。

    だから、赤土を出さない農法を行っている
    さとうきび農家には現行の補助率を維持。
    もしくはアップ。
    対策を採らない農家には補助金カット!!
    工場が廃液を垂れ流してはいけないように
    今後は農地から赤土を流してはいけません!
    (ちなみに、赤土対策をするならと市や県は補助のシステムを持っている。
    にもかかわらず、ほとんど使われていない。)


    その一言で、この問題のほとんどが片付いてしまうはずだ。

    その結果、基幹産業のさとうきびが、もし衰退するのなら
    国は補助金を出さなくて良い分潤い、国民は海外の安い砂糖を
    手に入れることが出来、海はきれいになり、農薬がまかれなくなり
    生態系は豊かになり、実はほとんど兼業農家であるさとうきび農家は
    本業に励むのみ。


    でも、誰も、そのことを言わない。

    「技術的に難しい」ということにしている。
    そうすれば、沖縄に補助金を出し続けることが出来るから。
    だって、沖縄には基地があるから。
    国も沖縄には誰にも文句を言われない形で
    補助金を出しておきたいのだ。


    平和の問題と環境の問題と食の問題は
    こんなところでもつながっている。

    でも、、本当に、このままでいいのだろうか?
    石垣島周辺海域の珊瑚が産む卵が黒潮に乗り沖縄以北のサンゴ分布に
    卵を供給してるから、ここがダメになったら、
    ここだけの問題じゃないのに。

    ちなみに
    私の畑だって、傾斜は石垣島のどの畑よりもきついけど
    赤土の流失は、全くありません。

    ほんとうに、やれば、出来るのだ。


    もだま工房のHPへ


    テーマ:農業 - ジャンル:海外情報

    石垣島のキノコ
    今日も石垣島は大雨です。
    畑ではきっと、ツボクサ(ゴトゥコラ)が
    勢いを増し ぐんぐん成長していることしょう。

    ところで、雨の日の猫はとことんだるそうだ。。
    にんげんも。
    それは、雨の日には、身体を休ませ
    英気を養いなさいという、身体からのメッセージ。

    そう出来るときには、そう致しませう。

    と、いうことで、

    雨の合間を縫って、山に散歩に行ってみた。

    雨が降って、だるそうにしている物が、ここにも一羽。

    カンムリワシの羽干し2






    カンムリワシ




    雨が降ったあと、カンムリワシは電柱の上や、
    このような木の枝に止まって
    よく、羽を乾かしている。 
    その姿ががっくりと肩を落とした姿で
    野生で生きていくのはテーヘンだな。と感じさせる。

    でも、目はキリリとして力がある。

    カンムリワシの羽干し


    雨が降ったとき、逆風が吹くときも 
    俺もこうありたいもんだと、おもう。

     かたや、こちらは、勢いを増しているモノ


    きのこ。 おそらくチチアワタケ。

    チチアワタケ

    小笠原や沖縄に生えるチチアワタケは内地のものより
    色が薄いようだ。 周りを見渡すと沢山生えている。

    だけど、石垣島では、これを食べるという習慣は無いようで
    私以外、これを食ったという話は聞いたことが無い(笑)

    でも、食用きのこなんだよ。味もわるく無い。
    ただし、まれに中毒することもあると図鑑には書いてある♪

     勇気のあるチャレンジャーは、お試しあれ☆
    ただし自己責任でね。


     一方こちらのキノコは、石垣島では大変人気のある食用キノコ。

    オオシロアリタケ


    一般にナバと呼ばれている。オオシロアリタケ。
    群生して生えるので、見つけたら沢山取れる。
    ただ、保存ができない。一日で腐ってしまう。
    だから、あわてて食べる。 
     バターいためなんかでもとても美味しい。
    オオシロアリタケ料理


    雨が降っても、楽しいことは多い。
    休めばいいのに(笑)

    もだま工房へ








    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

    「八重山の観光開発と環境問題」
    台風などの影響で、とても涼しい石垣島。
    先月までは、どちらかというと雨不足で
    植物たちもあまり元気が無かったけど、このところの連日の雨で
    みどりが生き生きしてきました。

    ツボクサも、とても艶々していて成長スピードも速く美味しそう♪
    tubokusa1.jpg


    石垣島では冬には雨が多い時期。
    湿り気の好きなツボクサはとても元気に育ちます。
    (ただ、温度が約13度を下回ると元気がなくなります。)
    そして、梅雨時も。夏、スコールが来ればやっぱり元気に育ちます。
     沖縄ではツボクサ栽培のコツは、いかに満遍なく
    水撒きができるか。と同時に、水遣りをすれば
    雑草もよく育つので、それをいかに抑えるかがポイントになります♪

    tubokusa2.jpg


     無農薬にこだわれば、当然除草剤なども使えずに、
    草取りが一番の手間になります。
    でも、そういう薬を使わないことで、
    畑とその下流には、小さな生き物たちが増え、
    その命の連鎖は海にまでつながります。

    「有機無農薬」は、それを食べる人の命を守るためだけではなく
    それらの食べ物が作られる場所に宿る「いのち」を守る取り組みです。

    tubokusa3.jpg


     近年、石垣島の周辺の海では珊瑚が
    とても少なくなってしまいました。
    石西礁湖という、日本最大級のさんご礁が
    もだま工房の畑から見える海に広がりますが、
    そこの珊瑚も、沖縄復帰当時から比べれば
    実に7割が既に死んでしまいました。
     
     理由は、ひとつには畑などから流れ出る赤土によって、
    珊瑚と共生しているプランクトン「褐虫藻」が
    光合成が出来なくなり、その栄養を食べている珊瑚が
    栄養を貰えず餓死してしまうこと。

    (つまり珊瑚は動物なんだけど、その「褐虫藻」は
    光合成をする植物の一種。そこに、除草剤などが流れ込めば
    、植物だから死んでしまうか、弱ってしまう。
    もっとも、海で希釈されるし、最近の除草剤は
    水の中に入ればその活性が失われ無毒化されるとも
    言われていますが、私はそうは思いません。)

    また、近年の気候変動(温暖化)によって、
    非常に多くのサンゴが白化して死んでしまいました。
    この白化も、水温が高くなると共生している
    「褐虫藻」が、珊瑚から飛び出してしまうことによっておきます。

    さらに、気候変動といえば
    、沖縄の海はこの40年の間に17,3cm上昇しました。
    あと59cm上昇すれば、沖縄の全ての砂浜が消えてしまいます。

     全て、人間の活動による結果。

    そんなことを踏まえたうえで、
    先日10月9日

    「八重山の観光開発と環境問題」

    沖縄大学の桜井学長の講演会に行ってきました。
    とてもすばらしいお話でした。

     2009「量より質求める時代に」環境保全型観光を訴え
    ↑ のリンクはそのときの八重山毎日の記事ですが
    、ちょっと補足。

     桜井学長は、沖縄環境ネットワークの世話人でもあり、
    かつて、石垣島で、場違いな大型リゾート計画が持ち上がり
    反対運動もおきましたが、その際も
    沢山のお知恵をお借りいたしました。
    行動する研究者です。

    この講演会の中では沖縄に住むものとしては、
    とても耳の痛い事実も沢山紹介されましたが、
    新聞には載ってないので、代わりに紹介させてもらいます。


    1 日本では1990年比 -6%CO2を削減する目標を掲げたが、
    実際には2000年の段階で+8%増加させてしまったことは
    皆さんご承知のことですが、
    沖縄ではなんとこの20年間に37%増加している。
     理由は沖縄がアメリカ型の超車社会になってしまったこと。

    でも、温暖化により台風が大型化し、沖縄にも沢山来るようになる。


    2沖縄はかつて、日本一の長寿県として有名だったが、現在はむしろ短命なほう。
     そして、現在の沖縄のライフスタイルがもたらした物は
     男性 47%  女性26% が、肥満。
    なんと肥満率日本一♪

      これも、アメリカ統治をへた食生活の変化が大きな理由でしょう。
    沖縄は夏、作れる野菜が極端に少なくなる。
    (アジアの食材に目を向けよう。ツボクサ栽培はその先駆けだ。
    ↑ そんなことは桜井学長は言ってませんが、そのつもりで、もだま工房では
    アジアの野菜の栽培研究をしています♪)

    3 日本の食料自給率は39%しかないことは有名ですが、沖縄は
    これほどのみどりと海に囲まれているのに27%しかありません。

    沖縄の農業政策は見直されるべきでしょう。

     さて、来年は「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)が
    愛知・名古屋で開催されます。 
     石垣島にも、絶滅の危機にさらされながら
    なんの対策も立てられていない生き物が沢山居ます。
     そんな中、石垣島に拠点をもつWWFジャパンは島の生物多様性マップの製作に
    今、取り組んでいるようです。

    http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/index.htm

     沖縄の食と農業と生物多様性の問題。今沖縄、石垣島は過渡期です。


    もだま工房へ





    テーマ:農業 - ジャンル:海外情報

    土地公祭 と 台風
    前回のブログでは、せっかく花が咲いたモリンガの木を
    台風接近で 切らざるを得なかったというお話を書きました。
    あれから、はや一ヶ月。 モリンガの木はその切り口から
    伸ばした枝が既に2m近く伸び、又、花をつけてくれました。
    モリンガ復活

    モリンガの木の成長スピードは速く一本で杉の木に換算すれば
    50倍のCO2を吸収するといわれています。しかも栄養価が非常に高く
    それだけで、特定保険食品に申請すればなるはどだとか(未確認)。

    地球温暖化対策と、貧しい地域の栄養提供を一挙に行える!!?と
    モリンガは、今、静かな注目を集めています。
    モリンガ花


    さて、台風直撃は免れたものの
    接近によって、とても天気が不安定な石垣島。

    おかげで、ブログも更新できる。

    台風画像

    台風17,18号

    見事に はさまれています、石垣島。
    絶対どっちかは来ると思った。

    またもや、モリンガの花を切らねばいけない?と、心配したけど
    今回は大丈夫そう。
    前倒しで頑張って働いた分 時間が出来た。
    そこで日曜日には私が住んでいる集落で、台湾移民の子孫たちが
    行う、土地公祭をみてきました。

    場所は 名蔵御嶽。
    土地の神様である「土地公(トティコン)」(福徳正神)を祀り、
    無病息災や商売繁盛を祈る伝統行事で、戦争の時を除き毎年行われ、
    もう60年以上も続いているそうです。
    例年だと余興の奉納が行われているそうですが
    今年は8月の台風8号によって台湾で多数の死者が出ていることから、余興を自粛。

    土地公神


    神様

    このお祭。
    地元では“豚祭り”とも呼ばれています。
    昭和10年、台湾から350人余が石垣島に移住、パイナップルを栽培していましたが、マラリアやノイローゼをわずらう人が続出したので、台湾で祭ったように犠牲獣を同12年から供えたのが始まりとされています。


    ぶた

    ぶたちゃん。

    ところで
    沖縄の豚ちゃんは偉い。
    身をささげつつも決して悲しそうな顔をしていない。

    余談だけど、この祭りに豚を奉納できることは名誉なことでもあり
    一年間手塩にかけて、毎日お風呂にも入れ、それはそれは大切に
    育てた豚を昔は奉納していたそうです。

    聞いた話によると、そののちは台湾から移民してきた方たちは、水牛という機動力を持ち、パイナップルをはじめ、新しい農産物を台湾から持ち込み、経済的にも成功を収めた人たちも多くなり、この祭りでは奉納されたご馳走が参加者に振舞われ当時貧しかった家の子たちも、このときばかりは、凄いご馳走を食べられ、本当に嬉しかったそうです。


    神様とご馳走

     ご馳走


    わたしもちょっと覗きにいっただけなのにビーフンを沢山いただきました。
    台湾の人たちはとても親切です♪

    今年は余興も無いので、神様におまいりして、お炊き上げです。

    あの世で祖先がお金に困らないように
    沖縄ではウチカビというあの世のお金を燃やしますが、
    ここでは「あの世でご先祖様がお金に困らないため」というより、
    「たくさん燃やし、現世でお金持ちになるため」だそうで、
    台湾人の現世的で、パワフルな精神を感じます♪


    あの世のお金

    お金を燃やした炎がとてもきれいです。

    もだま工房のHPへ


    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。