つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シャタヴァリが育ってます

    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村

    ↑ なんと、ただ今一位! みんな応援ありがとう。
      ありがとう。俺!!
    たぶん今だけなので、記念に見てやってください(笑)





    シャタヴァリが育っています。



    この前は ちょっと寒さが帰ってきたと感じていたら、
    今日はもう夏のようにあつい。。
    湿度が高く、梅雨を思わせるような陽気です。
    この時期、石垣島では、ちょっと山に入ると
    正体不明のかゆい虫が多く発生していたりして、
    気がつくと手足に、小さなぶつぶつが出来ていたりと、
    なんか統制されていない自然界の力強さに、
    ちょっと負けそうになります。
     うちの場合、それが庭だったりするので(爆)、
    特に朝と夕方の蚊が活発に活動する時間には
    とても精神の修行になります。
     さて、そんな時期、畑の虫たちももちろん活発。
     以前お知らせした南米原産の健康野菜、
    またの名を絶倫コレクション(笑)と呼んでいる
    「マカ」ですが、大風の吹いた日に、
    防虫ネットがまくれてしまい、たった一日で全滅。

    あっけない最期を遂げたのでありました。

     同じくアシュワガンダですが、こちらも、
    ネットが少しまくれてしまい、
    多少のハムシ進入を許してしまいましたが、
    こちらは今のところ、軽微な被害ですんでいます。

    ひとくちに、無農薬といいますが、
    どこまで持ちこたえることが出来るか
    日々気の抜けない勝負です。

     さて、男性の為のラサーヤーナ、
    若返りのハーブとしてはアシュワガンダが有名ですが、
    同じく女性の為のハーブとして、アーユルヴェーダで
    とても大切にされているのが、今日ご紹介するシャタヴァリです。

     以前アーユルヴェーダに関係する方に、
    何か育ててもらいたい物がありますかと尋ねた時、
    必ず上位に上がっていたハーブです。

    コレも日本で育てている方は、
    おそらくほとんどいないハーブ。

    それでも、何とか探してきました。
    海外より種を取り寄せましたが、
    発芽率が悪い(笑)

    約20パーセント。

    それでも、生き残っていた精鋭たち。
    昨年暮れに撒いた種は、こんなに大きくなりました♪

    シャタヴァリ苗


    コレが、一年すると、こんな風になります。


    シャタヴァリ

     そして、引き抜くと

    シャタヴァリ3

    このくらい。


    このシャタヴァリ。

    石垣島の気候にとても合ったいるようで
    なにも特別なこともしなかったけど
    虫も食わずにこんなに立派になりました。


     
    使い方としては、この根っこを主に使うのですが
    若い根っこは生でも二十日大根のような食感でおいしい。
    大きくなった根には、芯が入り、
    そのまま食べるのには向かないようです。

     この根を裂いて、芯を抜き、乾燥させて
    粉にして使うのがおもな使い方です。

    このシャタヴァリは、インドの生薬では女性の処方薬のうち
    少なくとも50パーセントに使われるくらい
    女性にとっては大切なハーブ。

    定期的にシャタバリを飲めば、体の抵抗力を高め
    虚弱体質な子供にとてもよいとされ
    臨床実験でも、虚弱体質の子供たちが、
    このシャタバリによって免疫力が向上し、病気にか
    かりにくくなったと証明されているそうです。
     
    また、シャタバリは、女性の生殖器系、
    血液にたいする強壮作用と若返り作用を持ちます。

    「100人の夫を持つ力を与える」といわれ
    [shatavari]とは、100人の夫を持つ という意味です。

    そのくらい、女性が元気になるというハーブなんですが
    サットヴァの性質があるため愛と献身の気持ちも
    高めるといわれています。

    いつものように「アーユルヴェーダのハーブ医学」から
    以下、引用しますと

    血液と女性の生殖器に対して栄養補給と浄化の働きをします。
    多くの女性ホルモンを供給しますので更年期障害の人や
    子宮を摘出した人に良い働きをします。

    このことは、多くの文献や海外のサイトなどに書かれていることですが
    日本ではシャタバリを治療薬として扱うことは法律上の問題として
    難しいと思いますのでアーユルヴェーダの医療を行える専門の方に
    相談されることをお勧めします。


    その他、色々調べてみるとお伝えしたい事は山ほど有れど
    長くなるので結論だけいえば言えば

    あらゆる年代の女性によい。

    以上。

    でも、補足するなら(笑)

    精神的にも肉体的にも不安定な更年期の症状がやわらぎ、
    授乳中のお母さんは母乳の出がよくなり、
    赤ちゃんも丈夫になり
    若い女性にとっては生理のときのさまざまなアンバランスが
    修正されるということです。

    女性の一生は大きく三つのステージに分かれるといいますが
    そのいづれに対しても、シャタヴァリは良い働きをします。

    もだま工房では、シャタバリを今、どんどん増やしています。
    近い将来?沖縄からシャタヴァリを発信できたらと思います♪


    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    テーマ:女性のビューティーケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    クモガイ
    こんばんは。
    まず、今日は前回のクイズの答えから。
    mixiやメールなどでお答えを送ってくださった皆様、コメントありがとうございます。
    楽しませてもらいました。
    早速ですが正解は クモガイ でした♪

    サソリガイというお答えもいただきました。
    お客さん通ですねぇ。(笑)

    とても良く似ている貝ですね。

    でも残念なことにサソリガイは私は石垣島では見たことがありません。

    沖縄本島周辺には いるのにね。
    さらに、似た貝ではスイジ貝やラクダガイ、
    ゴホウラというのもいますがコレも、
    隣の西表島では結構見つけられるけど、石垣島では今ではとてもレアもの。


    こちらがスイジガイ

    スイジガイ


    こちらがスイジガイとゴホウラとクモガイとアンモナイト

    貝たち


    この中では、今でも石垣島周辺で見られるのはクモガイだけに・・・


    海の生き物は少なくなってきてしまいました。

    だからこんな募集があるときには意見を言う事にしています。

    サンゴ礁生態系保全行動計画(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)について


    3月15日までだそうです。
    皆さんもアイデアがありましたら送ってみてくださいね。

    こうして改めて考えてみると、十数年前までは見ることが出来たのに、
    今では見ることが出来なくなってしまった生き物のなんと多いことか。


    今年はCOP10。生物多様性条約締約国会議

     こういう環境を回復させる為の予算処置がなされたらいいと思うな。
    未来の子供たちの為にも。
    あの頃の海は楽しかったもん。
     最近、子供手当てが話題になっていて、それはそれで、財政に余裕があるなら
    やったらいいと思うけど、話を聞いてみると手当てを貰うのは
    子育て世代のお父さんお母さんで、そのために国債を発行するなら、
    その借金を払うのは、その子供たち。
    そうじゃなくても一人当たり800万の借金を既に背負わされている
    子供たちの世代に これ以上につけを回していいのかな?
    子供の為の予算というけれど本当は親の為だよね。
    私たちの世代はそこの所をしっかり見つめて、
    本当に必要なご家庭には補助を。そうでもない家庭には
    それなりに手当てをして、こういうばら撒きでいたずらに
    財政の健全さを失うのはそれこそ、子供のためにならないと
    いうことをしっかり発言していきたいものだ。



    さて、話は戻って、クモガイ。
    沖縄文化圏では、スイジガイは魔よけ、クモガイは福を呼び込むとして
    庭の木につったり、塀に置いたり、玄関先に飾ったりしてあります。
    スイジガイはまた、水という漢字に形が似ていることから火事を防ぐ
    お守りとしても飾られています。調べてみると、こういう異形を示す
    貝を魔よけで使う風習は世界的に多く認められ、日本でも鹿児島県
    薩摩半島まで認められるようです。


    でも、貝殻だけでなく、中身を見ると、もっと魔よけになりそうです。
    こんな感じ。

    クモガイ


    ひっくり返すとこんな目が・・・。

    右目と左目が連動することなく動き回る。。。

    クモガイ2


    ほとんど、寄生獣ミギー・・・
    知ってる?

    10011193448_s.jpg

    こんな形態の生き物だけど、貝を割って中身を海水で洗ってヌメリを取ると
    生でも食べられる。
    甘みがあってとても美味しい。
    って、考えてみたら、福を呼び込む貝を食ってたんだ。俺たち・・・。

    これからは大切にしよう。



    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ


     なんと、↓ 今2位にいる! 応援よろしく(笑)

    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村




    人気ブログランキングへ






    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。