つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ソテツの木
    5月に入って「あっ」という間に25日。
    とても充実した日々です。

    石垣島は梅雨に入り、イジュの花がとてもきれいです。


    イジュ

    ナギ の木には沢山実がついています。

    ナギ


    ナギはなかなか千切れないことから縁結びの木とされ
    神社などでは縁結びのご神木とされ大切にされています。

    今、石垣島に遊びにきたら、お土産に拾っていくのもいいかもしれませんね。
    内地でもとてもよく育ち、とても葉の美しい木です。

    さて

    5月を振り返って報告です♪

    5月5日 島の北部までドライブ。

     島の北部は放牧場になっています。

    放牧1

    その奥には廃村になってしまったヤスラ集落跡がある。

    その場所は、数年前まで集落の入り口に
    人間のしゃれこうべ が 二個置いてあり、
    とても日本とは思えない独特の空気が漂っている場所でした。

    そして、私のお気に入りの土地だった(笑)

    当時 私はソテツの実を集め、海外に送る仕事を少し、
    していました。
    (ソテツの実はいざという言う時には毒抜きをすると
    とても栄養価の高い食物になり、荒救作物といいます。)

    そして、空気中の窒素を固定化する藍藻類と
    共生して形成される珊瑚根という組織があり、
    どんなにやせた土地でも育つことができるので
    世界中で砂漠の緑化に使うことができました。

    ですが、ワシントン条約で
    国際間での成木の移動が禁止されているので、
    出所のしっかりした「種」のみが
    流通に乗せることができて、
    石垣島産ソテツは数少ない移動できる種のうちのひとつでした。

    でもソテツの実あつめの仕事は、危険がいっぱい♪

    ソテツの実は樹冠に大きな玉ができて、
    その中にびっしり入るんだけど
    その中には、種以外にも

    ハブ、サソリ、大ムカデ(太さ1cm長さ15cmくらい!)なども
    住んでいて、しかも根元には一抱えもあるようなスズメバチの巣が
    沢山ある。

    わたしもスズメバチにメッタ刺しにされたことがある。

    そして、足元は崖だったり急斜面だったり。

    そんな危険の中、しかも麻袋にいっぱい入れたソテツの実は
    4~50kg。

    それを担いで何回も山を越え谷を越え
    歩いて担ぎ出すのだから
    体力もすごく必要だった。

    当時は私も仲間たちも若かったから できた仕事だな(笑)

    馬鹿だったし♪

    たぶん今までした仕事の中で、一番きつかった。

    でも、私たちは、このソテツの仕事が大好きだった。

    今でも当時の仲間と集まれば、必ず、このソテツの仕事の話になる。

    身体はきつかったぶんだけ、砂漠を緑にするんだと
    何者かと戦ってるようなヒーロー気分になれたし(笑)
    何より景色がすごくいい場所で、
    その中でかく汗は爽やかだった。

     ヤスラ集落跡は、その収穫場所だった。
    また、とてもカンダカイ場所で(霊的な場所ってくらいの意味です)
    仲間数人で入っても、
    必ず何人かは方向を見失って
    山の奥に向かってに入ってしまいそうになる場所でもありました。

    幽霊を見た人も何人もいる。

    そんな場所。

    久しぶりに尋ねてみた。


    ヤスラの海

    ヤスラの海


    あいにくの曇り空だったけど

    海2



     ここは、その後、リゾート開発がらみで
    いろいろと「訳あり」になり放牧もなくなり
    人もほとんど足を踏み入れなくなり、今は荒れ放題・・・。

    そしてここにも温暖化の影響。


    クロマダラソテツシジミ

    ソテツシジミ



    ソテツのオス花に群がっている。

    ソテツシジミ2



    周りを見渡しても大群舞。

    数年前まで散発的に発生はあったものの
    この数年で完全に島に定着したソテツシジミ。

    もとはフィリピン辺りにいたものが北上してきた外来種。
    ソテツの葉を食害し、あまり続いて発生すると木を枯らしてしまう。

    ソテツの木には、元気でいて欲しいものだ。
    戦時中は、この木で命をつないだという話も、
    おばぁたちからいっぱい聞いたものだ。

    最近、西表の奥地で長い事一人で暮らしていた
    30代青年がソテツの実を食って生活していたという話を
    直に聞いてめちゃくちゃビックリしたけど
    毒抜きの仕方を知らない人は絶対食べないでくださいね。

    はっきり行って、死にますので。


    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村





     つづく。

    スポンサーサイト
    畑の住人
    マーニ
    ゴールデンウィークですが、皆さんいかがお過ごしですか?

    私は、畑三昧の一週間です。

    この季節の石垣島は島のいたるところにテッポウユリが咲き、
    マーニ(クロツグ)の花が
    甘い香りを漂わせています。



    ギランイヌビワの木の幹からは、実も出てきました。

    ギランイヌビワ


    4月上旬から鳴いていたイワサキクサゼミの声に
    夕方になると別のせみ・・イワサキヒメハルゼミの声が加わります。

    イワサキヒメハルゼミ


    そして、しばらくすると、夕暮れのひと時、
    山の中からは、アカショウビンと、孔雀が
    一日の終わりを告げるように大きな声で鳴いています。

    その声がやがて、コノハズクの声に取って
    代わられるころ
    畑のすぐ脇の沢には 蛍の大乱舞が始まっています。

    時計の針は7時40分。

    本日の作業終了♪

    そうして、うちに帰ってきますが、
    きょうはそんな時間まで畑を耕していると
    珍しい住人に出会いました。

    おっきい、トカゲ♪

    2


    25センチくらいかな。

    キシノウエトカゲ 

    日本最大のトカゲで、天然記念物に指定されています。
    最近数が少なくなってきていて
    あまり見かけなくなっていましたが、
    うちの畑に住み着いたようです。

    実はこの写真のトカゲ、これでもまだ子供です♪

    キシノウエトカゲ1

    幼顔

    大きくなると大体40センチほどになり
    大人になると縦線が消え頭が異常に固くなります
    (私の主観です(笑))

    こういう爬虫類とか苦手な人も沢山いると思うけど
    私は実は すごく好きで(笑)、
    畑にいろんな生き物が増えてくるのがたのしい。



    土が豊かになって、ハーブがますます元気になると
    生き物も増えてくる。


    いい仕事してるって思える。


    きょうはいい一日だった。



    りりしいお顔☆

    3.jpg


    つぼくさ茶なら もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村



    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。