つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    つぼくさ茶((ブラフミー)うりきれました
    お知らせです。
    年内の営業は終了いたしました。
    みなさま、今年も一年間大変お世話になり、ありがとうございました。
    新年の営業は5日からとなります。

    その間メールなどのお返事もできませんが
    よろしくお願いします。

    また、ツボクサ茶(ブラフミー)ですが、大変ご好評につき、
    生産が間に合わない状態が続いていましたが、
    ついに売り切れです。畑での生産が間に合いません。

    新年からはご予約を頂いた順に送らせていただきますが
    ひとつき程、お待たせする事になると思います。

    その間私も畑のよりいっそうの充実のためがんばりますが
    どうぞ、よりいっそうのご理解をよろしくお願いします。


    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    自然を食しましょう
     先週は全国的に記録意的な寒さだったようで、
    ここ、石垣島でも寒い日が続きました。
     でも、今日はうってかわってとても、ぽかぽかぽかと暖かい日。
    幸せな気分に浸るのはもってこいの日なので
    こんな日は少しの時間でも作って、
    「来年はこんなことをしたいな♪」とか、
    前向きなことを考えると楽しい気持ちになります。

    将来のこととか、これからのことを考える時には
    ちょっとしたコツがあるようです。

    それは、気分のよいときに考えること。

    会議もそう。

    気持ちやテンションが下がっているときには、
    まずみんなの気持ちを盛り上げてから考えましょう。

    それが出来ないときには、考えるだけ、損です(笑)

    別の日にしましょう。

    多少、時間の無駄に見えても、
    出てくる結果が全然違うのでお勧めです。

    さて、話題は変わって、昨日の八重山毎日新聞の社説に
    八重山の食文化を見直そう!と言う記事が乗っていました。

    ここに紹介されている食材。
    皆さんはいくつまで知っていますか?
    と、言うか食べたことある?

    サラムシル、アダニヌフク、ピィパーズ。

    このあたりまでは、石垣島の居酒屋さんに行けば
    普通に食べられる食材です。
    興味のある方、島にお越しの際には是非どうぞ(笑)

     タークブ、ナバ、パノール、マンジュマイぬムトゥ、
    ターンナやツダミのお汁など

    このあたりの食材は50年くらい前までは、
    普通に食べられていたと書いてある。

    ちなみに、普通には食べないけど俺ちゃんは
    全て食べたことある(笑)

    ターンナやツダミのお汁などは、現在では広東住血吸虫という寄生虫が
    いることがわかっているので、良く火を通さないとヤバイけど、
    およそ40歳以下でこれらの食材を食べたことのある人は
    島人でもあんまりいないようだ。
    と、いうか存在自体知らないし、食べ物という認識がない(笑)

    まぁ、正直、あんまり美味しい物たちじゃないけど、
    これだけ忘れさられてくると、この社説のように
    後世に伝えなければと思う。

    自然界にあるこれらのものたちが、
    どんどん忘れられていくのはやっぱり寂しいものだ。

    食べ物は自然からいただいてくるものという感覚が
    この島でも年々薄くなっていく昨今。
    人の身体感覚もどんどん変わってきていると感じる。

    頭でっかちになっちゃう。

    例えば自然保護が大事だと頭でわかって叫んでみても、
    身近な自然とのつながりが薄れていっているので、
    タークブが石垣島でもほとんど絶滅に近いくらい
    少なくなってきていることや、
    ナバが生える場所もどんどん少なくなってきていることに
    気が付いている人は少ないだろう。
    ターンナも今は外来種のジャンボタニシと入れ替わってしまった。

    と、したならば、種の多様性条約のことは知らなくたって、
    野山を歩いていれば生態系保全のためには、
    構造的なシステムとしての
    法整備や取り組みが必要なことがわかってくる。

    「出来ることからコツコツと身近なエコで」というような
    ボランティア活動は、もちろん意識喚起の意味で大切だけど、
    もうそろそろ、そこから脱却して、
    政治システムに働きかけるような活動に移行できないと、
    結局自然は守ることが出来ないと思う。

    むしろリアリティーが薄いからボランティアで
    何とかしようと思ってしまうのではないだろうか。

    あと、この島には残された時間がどれくらいあるだろうかと、
    自分の目で自然から感じれば若い人もお年よりも
    見方も感じ方も違ってくることだろう。

    だから私は、自然とかかわりあうことの大切さをやっぱり言いたい。

    もちろん、漁獲圧が生態系のバランスを越えて高い
    ヤシガニとりなどは石垣島でもなんらかの
    規制はしなければいけないし、
    一年中名蔵湾でアサリ採りをしているのもいただけない。

    それでも、それらは季節や場所を限定することによって、
    かなりの効果を発揮できるとおもうから、
    今のうちに何らかの最低限の対策はしっかりして、
    そして、なお、自然のものを食べましょうと私は言いたい。

    と、いうことで今年もツナンカン(モクズガニ)の季節。



    モクズガニ

    これはちょっと、小さいから逃がしてあげよう。
    今夜は沢山カニがいるけど、うちは2人だから四匹もらって
    あとは見逃してやろう♪


    こう思っていると神様が味方してくれるので
    わずか5分ほどで、しかも素手で(笑)捕まえてきました♪


     話が硬くなっちゃったけど、来年は、
    こういう勉強会というかお楽しみ会も、
    時々やれるようにもう少し余裕のある一年を過ごしたいものだ。

    ことしはお客様に、商品をお待たせすることのないように
    畑をもっと充実させて頑張ると年頭に誓ったけど、
    予想以上にご注文いただき、台風の影響もあって、
    結局商品が足りなくていつもばたばたしていた。

    来年は、更に、畑も充実させて、がんばりますので、
    これからも応援お願いします。

    そういえば、この「つぼくさ」も昔はよく食べられていたけど
    忘れられた島の食材でした。

    山野草で言えば、そういうものが沢山あるなぁ。

    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村


     

    テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

    ヤギの冒険と森のお茶
    今日の石垣島は春が来たような温かくて気持ちの良い東風。
    島の北部のほうに用事があって出かけてきました。

    石垣島も、10年間にわたる離島ブームで
    ずいぶんと様変わりしましたが、島の北の集落まで来ると
    古き良き石垣島をノスタルジックに感じます。

    昼間なのに全くの無音の大地と おおきな空。

    なんて静かなんだろうと、その静けさが懐かしく心地よい。

     そして小さな音ですら、とてもよく響く。

    目を閉じる。

    ・・・あれはヤギが草を食む音。 

    ゴリッゴリッと言っている。

    あれ? だんだん近づいてくる。

    ・・・・・

    振り返るとそこには ヤギの群れ。

    やぎ3



    いっぱいいすぎ!! 

    やぎ2


    しかも何でこんなところに?


    もしかして、のらヤギ ?


    どうやら集団脱走。逃亡中のご様子。

    やぎ1


    飼い主の方には悪いけど、どうしようもありません。

    おたっしゃで~と見送りました。

    ノンフィクション 「ヤギの冒険」。でした。


    これもまた、一昔前までよく見た石垣島の風景だ。

    ちなみに、のら水牛なんかも時々いて、それはこわかった(笑)

    さて、そんな心地良く、お日柄も良い今日
    前回予告いたしました「森のお茶」販売開始です!

    森のお茶 モリンガ



    販売を記念いたしまして、石垣島の森からのプレゼント
    「木の実セット」をプレゼントにお付けいたします。

    石垣島の木の実セット


    この木の実は石垣島になっている亜熱帯の木の実。

    世界最大の豆「もだま」や日本最大のどんぐり
    「沖縄ウラジロガシ」をはじめ、
    レアな木の実「シロツブ」、
    不思議な形の「キバナキョウチクトウなど、
    よそではなかなか手に入らないかわいらしい
    木の実のセットです。

    先着100名様までです♪。

    そして、肝心の「森のお茶」の中身ですが、
    これは今、知る人ぞ知るミラクルツリー、
    モリンガの葉100パーセントのお茶です。

    モリンガ茶を飲まれたことがある方にも是非、
    飲んでいただきたいのですが、この「森のお茶」の味は
    癖がなく「黒豆茶」に似ていて、葉っぱなのに
    こうばしい、豆の味がします。

    他社とも飲み比べてみて下さいね。

    ここで、モリンガについて説明させて頂きますと
    モリンガはCo2の吸着量が杉の木の20倍もあって
    温暖化対策になるとか、

    汚染された水を浄化する力がとても強いので
    発展途上国などで、きれいな水が手に入らない場所では、
    この木の実の搾りかすを水の中に入れることで
    汚れの成分が吸着されて、疾病の予防に役だっているとか、
    様々な使われ方がしています。

     ちなみに旧約聖書出エジプト記15章22節で
    モーゼが神に命じられて
    一本の木を汚れた水の中にいれると水が甘くなり
    飲めるようになったという話が出てきますが、
    これがモリンガの木ではないかといわれています。

    実際モリンガの種をかんでから水を飲むと
    水がほんとうに甘く感じられて、びっくりします。

    では私たちがモリンガをいただくことで、
    どんないいことがあるの?

    ということですが、まず、お断りとして

    もだま工房の「森のお茶」に以下に示します効果、効能が
    保証されているということではありませんので、
    それはご了解下さいね。

    お薬ではありませんので。

    一般にモリンガはこのように使われているという紹介です。

    まず、モリンガは沖縄では数年前から栽培されていますが、
    一番実感として寄せられている声は、
    お通じがよく快調になりましたという声。
    そして次が血圧の安定です。

    モリンガは昔から血糖値を下げる効果がある食品として評価され、
    世界中で多くの研究者によって血糖値を下げる効果が
    確認されていますが、モリンガの、どの栄養素が血糖値を
    下げる効果があるかは特定されていません。

    モリンガの持つ多くの栄養素の複合的効果ではないかと
    考えられています。

    ではいったいどんな栄養素があるの?ということですが
    なんと人間には体内で作ることが出来ずに
    どうしても食べることによって補わなければいけない
    9種類のアミノ酸がありますが、それら、
    必須アミノ酸すべてをハイバランスで含んでいます。

    それが発展途上国で
    乳幼児の栄養補給に使われ
    「緑のミルク 」とも呼ばれ
    多くの人々の命を救っている理由でしょう。

    また老化の原因とされる活性酸素の発生を抑える
    抗酸化物質であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、
    ベータカロチン、ポリフェノールが多く入っています。

    さらに、
    ナトリウム、カルシウム リン 鉄 カリウム マグネシウム 亜鉛 銅       
    マンガン モリブデン ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン
     ビタミンB6ビタミンE ビタミンD ビタミンC ビタミンK 葉酸 ピオチン パントテン酸
    ・・・・・リストは続きます。

    これほどの栄養素を単品でまかなえる自然界のもというのは
    他に例がないかもしれません。

    ですので、もだま工房からの提案では、
    忙しく外食が続いたり
    ダイエットで必要な栄養素が不足しがちなときに

    ぜひ、ホッコリとした気持ちと共に
    栄養補給の一助として召し上がって頂きたく思います。

    また、そんなときには体内に毒素も溜りがちです。
    モリンガの「森のお茶」で体の中をきれいに洗い流して下さいね。

    モリンガのお茶には栄養素がたっぷりありますが
    カロリーはとても低いですからダイエットのお供に是非どうぞ。

    森のお茶 モリンガ

    森のお茶 30g 900円 ご注文はこちら


    余談ですが、モリンガの花は特に男性の強壮剤として
    、最近では天然のバイヤグラとも呼ばれているらしいので、
    そんなバージョンもいつか作ってみたいです


    もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村



    テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

     こんどうなつみ さんの絵本と 森のお茶

    「森のお茶」


    もだま工房では、このたび新商品、
    「森のお茶」を発売することになりました!!

    パッケージデザインは、「ぽのぽの茶」をデザインしてくれた
    絵本作家の こんどう なつみさん。

    なっちゃんです♪

    なっちゃんは沖縄とも縁が深く、
    数年前石垣島にも長期滞在していました。

    そこで出会って、以来仲良しなんだけど
    ホント、人をホッコリさせるオーラがあって、
    そばにいる人を優しい気持ちにしてしまうなにかがある。

    当時、農業を学びながら、人間と自然とのかかわりのあり方を
    自分の生き方を通して、模索しているようでした。

    今の世の中、行き過ぎた科学技術万能主義、経済至上主義には
    誰もがなんとなく違和感を持っていると思うけど
    でも、縄文時代には戻れないし(笑)、資本主義は拡大しなければ
    転んでしまう自転車みたいな側面も持っているから、
    真っ向から異を唱える事も難しい・・・なんて、
    なんとなくぼんやりとした居心地の悪さを抱えながら、
    日本人は生きているのかもしれない。

    でも自分がどうありたいのか知っていること、
    そして、世界に対して、もう少し優しい気持ちを持てる
    時間の隙間をもっていれば、
    見えてくる世界は違ったものになるかもしれない。

    なっちゃんのまわりには ゆっくりとやさしい時間が流れている。
    そして、なんだか懐かしい未来を予感させる。

    前置きが長くなりましたが、
    そんななっちゃんの絵本を紹介します。

    2.jpg

    「生まれてくるこどもの命は、どんなにたくさんの宝物にもかえられない」という
    西アフリカ・マリンケ族に古くから伝わる歌を元に創作した絵本です。

    作者が体験したギニアの生活から、
    これからの日本・地球を考えるために書かれた絵本です。
    1,048円 

    あら、安いじゃない(笑)

    私も、もちろん読ませてもらったけど、
    アフリカのおおらかさと、
    いのちのリズムが伝わってくるような絵本です。

    おすすめです。


    そして、もうひとつのお勧めは
    そのなっちゃんがデザインしてくれた新商品

    「森のお茶」 です。

    森のお茶[1]

    モリンガ100パーセント
    30g
    900円

    モリンガは、この数年日本でも注目されるようになって来ました。
    亜熱帯の樹です。

    発展途上国では乳幼児の栄養補給に使われ
    「緑のミルク 」とも呼ばれ多くの人々の命を救っています。

    モリンガについては、去年このブログでも種を蒔いたと紹介しましたが
    今年は収穫をむかえ、ホテルニューオータニさんのメニューにも
    使っていただいておりました。

    インド北部原産のといわれるアーユルヴェーダ植物、モリンガ。

    次回あらためて、詳しく紹介させて頂きます♪

    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。