つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    石垣島ブランディングプロジェクト
    太平洋側では雨が全然降らないで、空気が乾燥、
    日本海側では豪雪が続いているとか。
    それぞれに厳しい冬のようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
    ここ、石垣島では年が明けてから


    ず~~~~と雨。
    島の南側である街のほうでは、
    それでも太陽が顔を出す事もちらほらあるようですが、
    もだま工房の畑がある山の麓では、雨、雨、雨。
    太陽を見たのは3回くらい?。

    昨年の今頃は、元気で収穫できていたトゥルシーも、
    今年はこの雨と寒さで想定外の元気のなさ。
    枯れてしまう株も出始めました。

    特に寒さに弱いクリシュナトゥルシーが弱ってしまいました。
    急きょ、ビニールを張った育苗場をつくって、
    もう一度、苗を育て直しています。

    例年のデータが活かせない気候に見舞われてオタオタしています。

    そこで、昨日までにトゥルシー茶を予約されていないお客様
    申し訳ありませんが予約もストップいたしました。

    暖かくなるまで温かく長い目でみてやってくださいませ。


     さて、今朝はさらにオタオタしていました。

    地元石垣島のローカル新聞 八重山毎日に、一面TOPで、私の顔写真が出た!。

    しかも変な顔(笑)!!


    さらに 沖縄タイムス

    琉球新報


    すげー!でっかい扱い! びっくりだ。


    はなしは、今石垣島のお土産で、全国的にも人気はなまる急上昇の
    ハワイアングロットさんの
    「黒糖ジンジャーシロップ」が、
    もだま工房の無農薬生姜を使ってプレミアム版を発売しました!と
    いう記事なんで、それだけ見たらたいした事じゃないと思うんだけど
    ちょっと深い意味がある。

    実は、地域では地元の原料を使って商品を作りたいという
    事業者さんの思いと、だけど、地元では安定した原料が手に入らないという
    現実との葛藤が、けっこうあるんです。

    ハワイアングロットさんもそうでした。

    他にも実は石垣島のおみやげ物を作っているけど、原料が手に入らなくて
    よその地域や外国の原料で生産している事業者さんも多い。

    石垣島のお土産なのに、外国産だったら、なんか微妙ですよね?

    作る側もそう思ってたりするんです。
    でも、ないんじゃしょうがないし・・・と。


    そういうことなら、地元の農家さんと、加工業者さんが連携して
    商品作りが出来たら、加工業者さんも地域性をもっとアピールできる。

    そしてTPPなどで、今後、6次産業化して生き残りをかけていかなければいけない
    日本の農家にとっては農家としてのブランドも確立できる。

    さらに地域内で経済が回るので、(本当は貧しくても(笑))豊かさを実感できる。

    何より、自分の作った物が誰が使ってくれているのか顔を知っているから
    ハンパな物は作らない。

    加工販売してくれる業者さんも、八重山という台風常襲地帯で、
    農業をやる事の無謀さ 大変さを知っているから
    とても大切に商品作りをしてくれる。

    結果、いいもんができるので、お客さんも喜んでくれる。

    そういうしくみ作りをしていかないと、今後ローカル地域は
    衰退していくばかりなのは人口動態からあきらか。

    これは、なんとかしたいし、石垣島の魅力をもっと
    皆に知ってもらってもいいんじゃない?と、石垣島の商工会が、
    音頭をとって石垣島ブランディングプロジェクトというものができました。

     そして、その中から約20業者があつまって
    石垣島スパイスマーケットというプロジェクトが動いています。



    もだま工房もハワイアングロットさんもそのメンバーとして活躍中!

    そして、農業と商業が、もっと連帯しましょうと呼びかけるために
    今回の運びとなりました♪

    以下私の超個人的見解ですが(笑)、
    これにはもっとふか~い文明論的な意味も含まれていて
    日本の存亡をかけた提起なんですよ(笑)

    と、いうのも1960年代
    世界の電化製品の80~%のシェアを持っていたのはアメリカだったそうです。
    デトロイトは世界のものづくりの中心で非常に活況を呈していたと聞きます。
    それが1990年代になると、大部分のシェアは日本に奪われ
    アメリカのものづくりの地位は衰退。そして2010年代になると、
    日本のものづくりの地位は衰退。今中国が熱い。 

    そして、ものづくりが衰退したところは経済的にも衰退している・・・。

    なぜこんな事がおきるかといえば、事業をする側から見れば、
    物を作るというのは大変な事。

    大変だから、人も沢山使うし、仕入れや流通など、あらゆるコストがかかってくる。
    と、言うことは、それだけ多くの人がかかわっているので、
    経済の再分配が自然に起きているので好景気。 

    でも、ある程度豊かになってくると
    経済状況もいいので、何も、大変な思いをして物をつくらなくても、
    もっと楽にお金を稼げるし、大変な部分は、よその地域に
    アウトソーシングした方がコストも安いし儲かるようになる。

     でも、全体で見れば、それは、その地域、国からその分、
    仕事がなくなる事だしお金が出て行ってしまうこと。
    そして技術が流失する事だ。

    事業者は収益だけ見れば、コストが削減されるからもうかるはずだけど、
    失業した人はお金を使えないので市場も縮小するので逆に赤字になる。

    で、資本は逆に市場を追いかけて、アウトソーシングした地域に経済拠点を移す。

    で、残された場所はお金と仕事がない。

    結局、デフレになって、衰退するしかなくなる。

    デフレはデフレとして姿を現したときにはもう、もとに戻すのは大変。


     現実は、さらに金融商品や為替の問題などもあって、もっと複雑だけど、
    簡単に言えば、こんな構図が世界を駆け巡っていて、それを小さくなぞったのが
    国内の地方と都市部だと思っています。

    だからね、多少、大変でも、地方はその地方の生産物を使って
    地方で物を作っていかないと、その地域は衰退してしまう。

    そして地方は都市部の人口と仕事の緩衝材の役割があるから、
    地域が衰退してしまうと、都市部は流動性を失い、
    動脈硬化を起こして、国は生活習慣病になるんです。


    日本の生活習慣病は産業の空洞化による貧困です。


    その治療薬はちょっと高いですけど、国産品、地元のものを使う事です。

    そこで、アーユルヴェーダハーブ園としては、このままだと
    石垣島も生活習慣病になっちゃうから、生姜を使って、

    健康を取り戻しましょうと提案したよ。

    と、いうのがローカル紙とはいえ一面TOPの訳なのでした♪
    (あくまで、個人的な見解です)



    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村






    スポンサーサイト

    テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

     ホーリーバジル
    ホーリーバジル


    毎日寒い日が続いていますね。
    皆さん、お風邪など引いていませんか?

    風邪の予防にはホーリーバジル(トゥルシー)や、ショウガがとてもいいです。

    もだま工房のトゥルシー茶は現在売り切れですが(残念!)

    ここここに後、数個だけ残ってる!いそげ!!)


    なくなっていたら、他社が海外から輸入した物がインターネットで手に入りますので
    トゥルシー(ホーリーバジル)をまだ、飲まれたことのない方はお試しください。

    そして、そのあと、もだま工房のお茶が、販売開始されたら
    飲み比べてお好みの方を続けてみてね♪


    さて、年の瀬から全国にタイガーマスクが現れ、
    寒いながらも、心温まる今年の日本。

    幸せの為には お金はとっても大切ですが、こんな温かい心でも
    人はとても幸せを感じることができます。

    ちょっと景気が後退しているようですが、
    考えてみたら、今まで(幸せになる為に)お金を追及して
    こうなってきたわけですから、
    この不景気の間だけでも(幸せになる為に)温かい心を
    追求してみるのもいいかもしれません。

    2011年は、こんなニュースでスタートしました。



    テレビや新聞のニュースで、ご覧になられた方も多いでしょう。
    山陰の大動脈である国道9号線で、昨年の大晦日の午後3時40分頃、
    大型タンクローリーが雪道でスリップして立ち往生しました。

    一車線の国道は、たちまち渋滞になり、長い長い車の列ができました。
    なんと、約25キロメートル、およそ1000台も。

    ところが、国道沿いに住む人たちは、そのことを全く知らずテレビで
    紅白歌合戦を見ていました。昼間は積雪がゼロ。
    それが年が変わる頃には、なんと90センチになっていました。

    近隣に住む看板工房を営む祇園和康さん(79)が朝起きてストーブを付けようとしたところ、
    トントントンと入口を叩く音がしました。

    50歳くらいの女性が真っ青な顔をして立っていました。

    「トイレを貸してください」

    その女性は、50メートルも歩いて、灯りが点った家を見つけて駆け込んだというのです。
    祇園さんは、仕事からお得意の看板を作って、国道脇と自宅に立て掛けました。

    「トイレ→」

    自宅のトイレを開放してあげたのです。

    それが、すぐに近隣の住民に伝染しました。
    正月のおせちを配る人。
    赤ちゃん連れのお母さんに、ミルク用のお湯とともに、毛布を貸してあげる人。
    地元の有名なお菓子屋さん「やまもとおたふく堂」さんでは、
    元旦にお客様に販売する予定だった「ふろしきまんじゅう」を
    車の中で過ごす人たちに無料で配ったそうです。

    公民館では、近所の女性たちが集まり、ご飯の炊き出しをして「おにぎり」を作りました。
    疲れをとるため、ちょっと塩味をきかせて。

    さらに。

    国道で渋滞に遭った車の中には、コンビニチェーン「ポプラ」の配送トラックもいました。
    そのドライバーは、車から会社の上司へ電話。許可を取って、
    コンビニ各店へ配送するはずだった「おにぎり」やお弁当を
    立ち往生して困っている人たちに無料で配りました。

    この背景には、事故の起きた琴浦という町の土地柄があったといいます。
    昔から日本海で難破した船があると、浜に漂着した船の乗組員を町の人たちが
    総手で救助してきたそうです。葬儀や祭りの料理も、みんなで作ります。

    そう。ここに日本の原風景があるのです。

    阪神淡路大震災のときも思いましたが、
    なんだかんだと「モラルの低下」が叫ばれる昨今ですが、
    まだまだ日本人の心は温かいのだと、新年早々うれしくなりました。

    出典はこちら
    メールマガジンにもなっていて、こんな[いい話」を、メールで無料で届けてもらえるようです。
    私も登録してみました♪

    ちなみに、タイガーマスクのニュース。
    こんな話も。

    男の生き方、タイガーに学んだ」マスク特需に驚く福島の玩具店主

    景気回復にも一役。 「急がば回れ 」ですね♪





    テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    生ウコン 販売します
    生ウコン

    今日は1月12日。
    新年を迎えてから、ず~~~っと雨の石垣島。
    気温は最低気温が12~14度。寒い。
    島に長いこといると、この温度でも寒いと感じるようになります。

    そして今日も雨。

    雨だからと畑仕事を休んでいたら
    仕事にならないので毎日畑に行ってます。

    今年は、ツボクサとトゥルシーをもっと沢山育てられるように
    植え付けを増やすことにしています。

     そこで、今まで、ウコンを植えてあった場所を
    掘り起こし畑の整備をしています。

    もだま工房のウコンは、自然栽培。
    台風の被害で地上部がやられないように雑草の中に
    埋もれるように育てています。無肥料無農薬栽培

    沖縄はウコン栽培が盛んなので、私が栽培に失敗しても
    世の中に影響がないので他社との差を図るべくこのような
    栽培で作ってみました♪

    そして、昨日、今日とウコンを掘っているのですが・・・

    そだちすぎ!!

    それもクルクミンをたっぷり含んだ
    いいオレンジ色に育っています。
    かなりの上物が出来ました。

    それにしても私の予想をはるかに超えた収量。

    秋ウコン 200kg

    春ウコン 500kg

    白ウコン 1t   くらいはある・・・。


    そこで、生ウコンを今ある分限定で
    お分けすることにいたしました。

    でも、ウコンって、そもそもなに?

    身体にいいって言われているけど・・・

    よく、肝機能を助けるので「お酒を飲んだ翌日に。」
    というけれどあんまりお酒飲まないので私には関係ないなぁ
    なんて思ってないですか?

    チッチッチ!  それだけじゃないんですよ♪



    昨年の11月にはこんな報告がウコン、がんにも有効 世界的研究者が報告

    都内で行われた発表会には、クルクミン研究の世界的権威で米テキサス州立大MDアンダーソンがんセンター教授のバラット・アガワル氏や日本人研究者ら計5人が参加した。

     この中で、アガワル氏は「クルクミンを摂取すると、がんのリスクが低減するほか、肥満、糖尿病、高脂血症などほとんどの慢性疾患を予防できることが実験で示されている」と強調した。

     秋田大大学院医学系研究科の柴田浩行教授も「大腸がんの治療中にクルクミンに出合った。クルクミンは数多くの病気の因子を標的にできる成分として期待できる」と報告した。

     このほか、静岡県立大薬学部の森本達也教授が「心臓病にも効果がある可能性が高い。現在臨床を進めている」と説明した。

    京都大医学部の金井雅史助教は、膵臓(すいぞう)がん治療の新薬としてクルクミンが注目されていることや自然由来の成分であり安全性が極めて高いことを紹介した。


    さらに

    カレーでアルツハイマー病を予防

    金沢大学医学部附属病院
    神経内科 山田 正仁教授

    山田教授らは、カレースパイスの主成分であるウコンの中に含まれている『クルクミン』という物質が、アルツハイマー病の原因物質『アミロイドベータ』の進行を防ぐ効果があることを発見しました。

    また、山田教授の調べによると、カレーをよく食べるインドの人たちは、アメリカ人に比べてアルツハイマー病の発症率が4分の1しかないことが分かりました。


    しかし、あくまでも痴呆の予防には、肉より魚をとることなど『栄養バランスのとれた食事』が欠かせないということです。またローズマリーにも痴呆を予防するのに役立つ成分が含まれていると報告にはいわれています。

    ウコン、ローズマリー、そして脳神経の再生、活性化といえばツボクサ。この組み合わせって、もだま工房のウコンブレンド茶。
    なるほど~♪ でしょ?

    生でウコンを使うのが面倒な人にはお勧めのブレンドなのです♪

    さて話は戻って生ウコン。

    沖縄では琉球王朝時代は専売とされ、民間栽培は許されなかった程の貴重品でした。

    伝統的には食事でとる以外にも、服をうこんで染めたり
    (防虫効果、赤ちゃんのガーゼの肌着(虫がよらない・くわない)
    アトピーなどの皮膚疾患の予防。肌をきれいにする。)

    神聖な植物→邪悪を寄せ付けない(沖縄ではシロアリよけに家の周りに植える)
    などなど。


    ウコンの有用性についてはこれで確認してもらえたと思うけど
    でも、どうやって使えばいいのか分からないよね?

    以下 簡単な使い方を紹介します。

    1 おろし金ですって、一回約3~10グラムをお湯、または水でで割って飲む。
    飲みにくい時は、お好みで牛乳やハチミツを加えて飲んでみましょう。

    美味しいとは思わないけど、意外と普通に飲めます。

    2 薄くスライスしたうこんをオリーブ油を多めに敷いたフライパンで炒め揚げします。
    そのまま食べるだけでなく、サラダやピザのトッピングとしても使えます。

    (クルクミンは水よりも油に溶けやすい色素ですから、油と一緒にとる方が吸収がよくなります。
    カレーは理にかなった食べ方ですね。さすがあーるるヴェーダの国インド!!)

    3 生ウコンを良く洗ってスライスし、風通しの良いところで日陰干ししてよく乾かし、
    (4~5日くらい)乾燥剤を入れた瓶や缶に入れて保存します。砕くと粉末ウコン(ターメリック)
     になります。

    1は意外と持ちがよく絞った汁を清潔な瓶にいれると冷蔵庫で半年くらいは普通に持ちます。
    (ちなみに家には2年以上たつものもありますが今でも普通に使えます)


    さて、このような生ウコン。


    「ネットで検索して頂ければ分かりますが生ウコンは
    だいたい1kg 安い所で2000円~4000円くらいです。


    今回 1kg 1500円でおわけします。
    沢山お求めの方には更にサービスいたします。


    紹介したレポートの為かウコンが品薄のようです。
    家のウコンも他の業者さんが全量買いとってしまうかもしれません。
    その前に、安くウコンが手に入るチャンスですから、この機会に
    色々ためしてみてはいかがでしょうか?

    ウコン(秋ウコン)はそんなに苦くないですし
    少量を細かくしてしまえば味も薄いので
    いろんな料理に少しずつ混ぜて、
    家族の健康を守っているお母さんも多いようですよ♪


    ご注文はこちら


    なくなり次第終了です。


    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村












    テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    今年の目標?
    みなさま新年のお慶びを申し上げます。

    昨年は皆様の応援のおかげで
    とても充実した一年を過ごすことができました。

    ことしも一生懸命業務にまい進いたしますので
    もだま工房をよろしくお願いいたします。

    幸せにしてね♪

    さて、今年はどんな年になることでしょう?

    昨年末のアンケートでは、すごいことに
    国民の94パーセントがこの国の将来に対して
    「不安」と答えているそうです。

    いや、気持ちはよく分かるし、私も尋ねられたら
    そう答えちゃったでしょうけど。
    でもここまで来ると数字がすごすぎて
    不謹慎かもしれないけれど逆に笑ってしまいました。


    国民がここまで心配してくれているなら
    逆に安心です。だって私一人が心配するのを止めたって
    きっと、なーんの影響も無いからです(笑)

    たぶん、ね、あと先着100万名様くらいまで
    心配しないでいいでしょう。

    心配するのはもう飽きたという皆様はお急ぎ下さい!(笑)

    だから、私も今年は心配するのをやめます!

    縁あって、この日記を読んでる みんなには
    自分が影響を与えられる事柄に対しては真剣に考えて、
    興味があっても実力を発揮できないような事柄については
    心配することを止めて、明るい気持ちで共に過ごせたらいいね。


    だって、世の中には「自己達成予言」という物があって
    不安なことでも楽しいことでも自分がそうなるに違いないと
    信じた現象がより身近に現れるという法則があるようですから。

    不安がったり、心配するのは百害あって一利なしと
    過去の偉人たちはのべています。

    例えば不景気とかって、その最たるもの。

    皆が不景気だーって言うから財布のひもを締めて不景気になる。

    心配はお肌にも悪いし♪ 病気の原因第一位です。



    地球環境問題も心配だ!心配だ!と
    私も今までずいぶんと言ってきました。

    でも、もう言わない(ように心がける)。
    そんなこと、もう、みんな知ってるもんね。

    代わりに、こんないいことが出来るようになった!と
    いうことにする。

    例えば新年にあたり、あの石油王ロックフェラー財団が
    こんな取り組みをする世の中に変わってきた。

    ロックフェラー家、“脱石油”のエコ農業に乗り出す

    「工場スタイルの近代農業の行き詰まりを一般の人々に伝え、
    解決策を生み出すこと。
    それこそがわれわれが取り組むべき目標だ」。
    ロックフェラー氏は農場を紹介するパンフレットにこう記す。

    多量のエネルギー、肥料、機械をつぎ込み、単一品目の大規模栽培を
    通じて効率を追求する20世紀の「産業型農業」は、
    何よりロックフェラー家が確立した石油社会のたまものだった。
    今、そのロックフェラー家が「石油後」を模索しているのは興味深い。

    ここで研修を受けている青年も

    「厳しい市場原理の下で効率を追求せざるを得ない親の姿をみて、
    農業だけはしまいと決めていた。が、地に足のついた形で
    新しい農業を実践できるなら、天職だと思っている」と語る。

    日本の農業政策が「農家の規模拡大による国際競争力をつける」
    を目指すとしている今年、その最たる世界、アメリカで
    真逆の方向の模索が始まっているのが面白いね。

    フッ。やっとロックフェラーも、時代も 
    もだま工房に おいついてきたか(笑)!

    おっと、追いついていないのは、
    もだま工房の生産だな・・・・。

    もっと、規模拡大しなきゃ!!?(爆)



    お知らせ

    つぼくさ茶、トゥルシー茶のご注文予約が沢山入っています。
    今月末より収穫を予定していますが、今後ご注文のお客様には
    更にお待たせすることになりそうです。

    早めのご予約をお願いしますね。



    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村

    テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。