つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自然を食しましょう
     先週は全国的に記録意的な寒さだったようで、
    ここ、石垣島でも寒い日が続きました。
     でも、今日はうってかわってとても、ぽかぽかぽかと暖かい日。
    幸せな気分に浸るのはもってこいの日なので
    こんな日は少しの時間でも作って、
    「来年はこんなことをしたいな♪」とか、
    前向きなことを考えると楽しい気持ちになります。

    将来のこととか、これからのことを考える時には
    ちょっとしたコツがあるようです。

    それは、気分のよいときに考えること。

    会議もそう。

    気持ちやテンションが下がっているときには、
    まずみんなの気持ちを盛り上げてから考えましょう。

    それが出来ないときには、考えるだけ、損です(笑)

    別の日にしましょう。

    多少、時間の無駄に見えても、
    出てくる結果が全然違うのでお勧めです。

    さて、話題は変わって、昨日の八重山毎日新聞の社説に
    八重山の食文化を見直そう!と言う記事が乗っていました。

    ここに紹介されている食材。
    皆さんはいくつまで知っていますか?
    と、言うか食べたことある?

    サラムシル、アダニヌフク、ピィパーズ。

    このあたりまでは、石垣島の居酒屋さんに行けば
    普通に食べられる食材です。
    興味のある方、島にお越しの際には是非どうぞ(笑)

     タークブ、ナバ、パノール、マンジュマイぬムトゥ、
    ターンナやツダミのお汁など

    このあたりの食材は50年くらい前までは、
    普通に食べられていたと書いてある。

    ちなみに、普通には食べないけど俺ちゃんは
    全て食べたことある(笑)

    ターンナやツダミのお汁などは、現在では広東住血吸虫という寄生虫が
    いることがわかっているので、良く火を通さないとヤバイけど、
    およそ40歳以下でこれらの食材を食べたことのある人は
    島人でもあんまりいないようだ。
    と、いうか存在自体知らないし、食べ物という認識がない(笑)

    まぁ、正直、あんまり美味しい物たちじゃないけど、
    これだけ忘れさられてくると、この社説のように
    後世に伝えなければと思う。

    自然界にあるこれらのものたちが、
    どんどん忘れられていくのはやっぱり寂しいものだ。

    食べ物は自然からいただいてくるものという感覚が
    この島でも年々薄くなっていく昨今。
    人の身体感覚もどんどん変わってきていると感じる。

    頭でっかちになっちゃう。

    例えば自然保護が大事だと頭でわかって叫んでみても、
    身近な自然とのつながりが薄れていっているので、
    タークブが石垣島でもほとんど絶滅に近いくらい
    少なくなってきていることや、
    ナバが生える場所もどんどん少なくなってきていることに
    気が付いている人は少ないだろう。
    ターンナも今は外来種のジャンボタニシと入れ替わってしまった。

    と、したならば、種の多様性条約のことは知らなくたって、
    野山を歩いていれば生態系保全のためには、
    構造的なシステムとしての
    法整備や取り組みが必要なことがわかってくる。

    「出来ることからコツコツと身近なエコで」というような
    ボランティア活動は、もちろん意識喚起の意味で大切だけど、
    もうそろそろ、そこから脱却して、
    政治システムに働きかけるような活動に移行できないと、
    結局自然は守ることが出来ないと思う。

    むしろリアリティーが薄いからボランティアで
    何とかしようと思ってしまうのではないだろうか。

    あと、この島には残された時間がどれくらいあるだろうかと、
    自分の目で自然から感じれば若い人もお年よりも
    見方も感じ方も違ってくることだろう。

    だから私は、自然とかかわりあうことの大切さをやっぱり言いたい。

    もちろん、漁獲圧が生態系のバランスを越えて高い
    ヤシガニとりなどは石垣島でもなんらかの
    規制はしなければいけないし、
    一年中名蔵湾でアサリ採りをしているのもいただけない。

    それでも、それらは季節や場所を限定することによって、
    かなりの効果を発揮できるとおもうから、
    今のうちに何らかの最低限の対策はしっかりして、
    そして、なお、自然のものを食べましょうと私は言いたい。

    と、いうことで今年もツナンカン(モクズガニ)の季節。



    モクズガニ

    これはちょっと、小さいから逃がしてあげよう。
    今夜は沢山カニがいるけど、うちは2人だから四匹もらって
    あとは見逃してやろう♪


    こう思っていると神様が味方してくれるので
    わずか5分ほどで、しかも素手で(笑)捕まえてきました♪


     話が硬くなっちゃったけど、来年は、
    こういう勉強会というかお楽しみ会も、
    時々やれるようにもう少し余裕のある一年を過ごしたいものだ。

    ことしはお客様に、商品をお待たせすることのないように
    畑をもっと充実させて頑張ると年頭に誓ったけど、
    予想以上にご注文いただき、台風の影響もあって、
    結局商品が足りなくていつもばたばたしていた。

    来年は、更に、畑も充実させて、がんばりますので、
    これからも応援お願いします。

    そういえば、この「つぼくさ」も昔はよく食べられていたけど
    忘れられた島の食材でした。

    山野草で言えば、そういうものが沢山あるなぁ。

    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村


     
    スポンサーサイト

    テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/101-8ac748e7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。