つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    痛みとゴツコーラ(つぼくさ)について
    2000年前に書かれたと言われる中国の医薬書
    「神農本草経」にツボクサ(ゴツコーラ)の記述があると、今日図書館の本で
    読んだのでネットで調べていたら、面白いものを見つけた。
    紹介します。


    株式会社人間医学社の月刊健康小冊子「人間医学」は1938年に創刊。
    その中で  身体に優しい人間医学として健康や薬草について対談する
    小林漢方有限会社 董和 中医師 と
    株式会社 人間医学社 大浦 純孝 社長。

    過去記事の中で つぼくさ(ゴツコーラ)について語る2人。

    出典はこちら→ http://kbysks.co.jp/newpage111.html

    大浦 同じ痛みを伴う症状でも、骨砕補植物は骨折や骨の変形の改善によく、ツボクサは激痛や化膿性炎症によいということでしたが、尿酸値の高い人は汗を多くかく夏に痛風の発作を起こすことが多くなります。これには?

    董和 ツボクサだけで結構です。痛風は漢方的にみると湿熱の病い、熱性の痛みです。関節が赤く腫れて、熱を持ち、激しく痛みます。これは熱性の炎症です。

    ツボクサは抗炎症作用が強く、止痛、抗菌、化膿止めなどの作用が優れています。痛風にはツボクサが適しています。

    大浦 痛み止めの新薬は血流を悪くし、胃を荒らしたりしますが、ツボクサにはそういう害はない?

    董和 一切ありません。むしろ、胃炎や胃・十二指腸潰瘍などがあれば、痛みを止め、治癒を促します。

    大浦 ぎっくり腰にはどうですか?

    董和 ぎっくり腰の原因は腰椎の捻挫、腰の筋肉の収縮、椎間板の突出などいろいろありますが、ツボクサは筋肉の痛み、内臓の痛みにも使えると文献にはあります。抗炎症、痛み止めの作用もありますから、ツボクサはつかえます。

    大浦 それに田七人参を合わせると、瘀血の痛みをとるのにいいですね。

    董和 ええ。瘀血を去るとともに、痛み止めの効能もあります。ツボクサにこうした生薬を組み合わせることにより、頭痛、歯痛、五十肩、胃痛、腰痛、筋肉痛、生理痛から、原因不明の痛みまで幅広く応用でき、特に激痛に有効です。

    大浦 それは急性の痛みということですか?

    董和 そう。漢方では急性の激しい痛みは実証に属します。

    こういう痛みにツボクサは有効です。逆に、体力が低下している人の軽い持続的な痛みは虚証の痛みです。これには効果が薄い。


    「本 虚 標 実」

    大浦 ガンも激しい痛みは実証ですか。

    董和 実証です。体力は低下していても、痛みが激しいときは実証として対処します。これには別の漢方理論があります。

    それは「本虚標実」です。「本」は体質、体力を表し、「標」は現われた症状を指します。つまり本虚標実というのは、体力は低下しているけれども症状は激しい場合をいいます。ツボクサは「標実」のほうに働く。つまり、激しい痛みを鎮めるのに有効なのです。

    大浦 とすれば、「本虚」の治療も合わせて行なわなければならない?

    董和 ええ。こういうときは虚している「本」(体力)を補いながら、合わせて「実」症状の解消を図っていかなければならないのですが、激しい痛みはつらいですから、とりあえず痛みを解消する対策を講じます。それがツボクサの働きです。

    大浦 「本虚」を補うにはどのようなものを用いたらよいですか。

    董和 それは滋養強壮作用のあるものです。生薬では冬虫夏草とか鹿茸(鹿の幼角)、海馬(タツノオトシゴ)などが良い。

    大浦 そうすれば慢性的な痛みにも使えますか。

    董和 使えます。虚証で、持続的な痛みにも有効です。

    大浦 慢性的な痛みは「本虚」(体力低下)が原因ですか。

    董和 ええ。「本虚」から気血の不足になり、気血の流れが悪くなり、局所に痛みを生じることになります。だから「標実」の治療だけでは、治療の半分にしかなりません。滋養強壮のものを補って「本虚」に対する対策を講じて、はじめて虚証の痛みに対する治療は完結します。


    歯痛、歯周病

    大浦 以前、私宅の犬の歯茎が腫れて顔の形が変わってしまい、獣医に見せたら歯周病だといわれました。そこで苦地胆植物を与えたら喜んで食べました。あの苦い食品を好んで食べるものだからビックリしました。さすが動物だと思いました。バリバリ噛んで食べるので、それほど痛くはなかったと思います。その後、董和先生から歯周病にはツボクサがいいと聞き、今は苦地胆植物とツボクサの両方を与えています。
    どちらも喜んで食べています。

    董和 苦地胆植物には抗菌、抗炎症作用があり、歯周病で歯茎が腫れて炎症を起こしているような場合には使えます。しかし痛みが強いときはツボクサが良い。また、苦地胆植物は活血作用が弱く、急性の化膿性炎症には使えますが、慢性的に炎症をくり返す歯周病には、効果が弱いでしょう。慢性の炎症は瘀血がかかわっています。歯茎の血流をよくすれば治りが早く、再発もなくなります。

    大浦 董和先生の歯の激痛がツボクサで治ったそうですね。

    董和 三年ほど前ですが、突然歯が痛みだし(たぶん歯根の炎症)すごく痛みました。歯医者に行ったら、痛み止めの注射をうち局部処置をして帰されました。歯石も取りませんでした。

    半年後に再発したので行ったら、また同じ処置をして、フッ素が足りないといって塗布されました。これではいけないと思い、次は別の歯医者に行きました。

    この人は結構まじめで、歯石を取ってくれたりしましたが、主な処置は麻酔注射で、計6回くらい注射されました。やはり一年後には再発しました。

    そこでまた行きましたから、また注射されて、後は「歯ブラシ、歯ブラシ!」といって歯磨きを丁寧にするように言われるだけでした。

    そして今年の二月に、上の歯茎が腫れ、また痛みが起こりました。これ以上、歯医者に行っても同じことだと思い、このときはツボクサエキスを通常量の三倍(一日三十六粒)飲みました。これを一週間つづけたら痛みは治まりました。

    ところが二週間ほどして、下の歯茎が腫れて痛みだしたので、今度はツボクサエキスを百粒飲んでみました。

    次の日は八十粒に、その次の日は六十粒にと減らしていきましたが、十日ほどで治り、以後ずっと快調です。今では私の好物の干しスルメをそのまま食べても、歯は何ともありません。

    大浦 ツボクサを治療に使われている歯医者さんがあるそうですね。

    董和 私の勉強会に来られている歯科医ですが、以前は漢方薬を使っておられたそうです。近年、それが効かなくなってきたので、苦地胆植物を出したら喜ばれたそうです。ただ、苦地胆はときどき胃に障るという方があります。こういうときはツボクサに変えたらよい。双方をいっしょに摂ったらいっそうよい。

    大浦 両方併せた方がいいのですか。

    董和 急性の化膿性炎症で痛みが強いような場合は両方用いた方がいいでしょう。苦地胆植物だけでは痛みを抑える働きが弱いです。血流改善作用も弱い。ツボクサは痛み止め、抗炎症、化膿止め、血流改善など総合的な作用があります。先の私の歯の激痛がよい例です。

    大浦 歯周病に苦地胆植物だけでは弱いですか。

    董和 初期で痛みがなく、軽い化膿くらいのときなら有効ですが、進行して痛みを伴っている場合はツボクサが必要になります。

    それに白花草を加えるといっそう良い。文献には、白花草は結石に良いと出ています。唾液腺にできる石(唾石)が白花草でなくなるという例があります。それなら歯石の予防にはどうだろうかと、いま食べて実験しているところです。

    もう一つ、歯周病でいまは痛みがなくても、軽い炎症があるかもしれない。そういうときからツボクサを利用していれば、炎症を抑え、血流を改善して、慢性化するのを防ぐ働きも期待できます。

    大浦 血流が良くなると歯茎の抵抗力が高まり、菌も繁殖しにくくなります。

    董和 それと慢性炎症の修復にも役立ちます。血流が悪いと修復が難しい。耳殻が炎症を起こすと治りにくいのは、耳殻は軟骨でできており血管が通っていないからです。気管も輪状軟骨が積み重なってできており、血管が少ないので炎症を起こすと治りにくい。

    特にお年寄りが気管支に炎症を起こすとたいてい慢性化します。歯周病も同様ですが、ツボクサに田七人参などを合わせて用い、血流改善効果を高めてやるとその修復が促進されます。


    田七人参、白花草

    大浦 ツボクサは、昔から使われている薬草ですか。

    董和 ええ。ツボクサはセリ科の植物ですが、古い中国の『神農本草経』という書物に積雪草の名で出ています。

    また『植物名実図考』という書には、積雪草の「数枚の茎葉を煎じて朝のお茶として飲むと百病を下げる」と記載されています。

    大浦 ツボクサはいろいろな痛みに効きますが、どのような働きによるのでしょうか。

    董和 『雲南中薬誌』という本には積雪草の働きとして、清熱利湿(過剰な熱を下げ、余分な水分を排泄する)解毒消腫(毒を下ろし・腫物を消す)祛瘀生新(古血を去り、新しい血を産生)活血止血(血流の改善と止血作用)、さらに鎮痛作用もあると記載されています。適応する症状も、風邪、目の赤腫れ(炎症)、歯痛、喉痛、咳、下痢、打撲、胆嚢炎、腸炎、伝染性肝炎、胸膜炎、泌尿器系結石、熱中症の腹瀉、吐血、鼻血、皮膚潰瘍、食中毒など多岐にわたり、外用では蛇の咬傷、帯状疱疹、疔瘡腫毒、ケガの出血などに用いるとあります。

    大浦 脳神経系への働きはどうですか。

    董和 イギリスの学者のレスリー・ブレムネスさんは、ツボクサを高く評価されています。彼女はその著『薬用植物』の中で「ツボクサは東方人の長寿草であり、益脳提神(脳の細胞と神経を活性化し、知能を高め、記憶力を増す)の効果がある。また研究の結果、ツボクサには滋養強壮、抗炎症、傷口の癒着、利尿効果もある。さらに血液の浄化、免疫力の向上などの作用もある植物」と書かれています。

    大浦 先の話では、ツボクサだけより田七人参や白花草などを合わせた方がよいということでしたが…。

    董和 白花草はキク科植物で、ツボクサと同じように抗炎症、止痛の働きがあり、ツボクサと併用すれば相乗効果でこれらの効果が高まります。また、歯周病は慢性の経過をたどる炎症性疾患ですから、歯周組織に血液がウッ滞します。

    その血流の改善を促すために田七人参を加えた方が、治りが早くなります。

    大浦 痛みが強い場合、ツボクサはどれくらい摂ればよいでしょうか。

    董和 簡単に言えば「痛みが止まるまでの量」ということになります。ツボクサは安全性の高い薬草で、多量に食べても害はありません。

    早ければ一週間くらいで、腫れや痛みは治まります。ただし、それで治ったのではありません。
    通常量はつづけて摂られることをお勧めします。これは再発の予防に役立ちます。

    大浦 現代医学では歯周病に対して根本的な治療法がありませんね。

    董和 歯が腫れて痛むということは、歯周組織が菌に侵されて炎症を起こしていますよ、ということを知らせてくれているのです。

    私たちはこの知らせに対して積極的に自分の免疫力を高め、炎症を鎮める方法を講じていかなくてはなりません。歯が痛くなったらすぐに鎮痛剤、抗生物質というのでは、体の免疫力は育ちません。

    ツボクサなどの生薬は、痛みを抑え、血流を改善しながら、体の抵抗力(免疫力)を高める働きも持っており、理想的な対処法といえると思います。

    大浦 いずれにしても、痛みはつらいものですが、このように害がなく、よく効くものがあるというのは大変心強いことです。


    だ、そうです。他にもツボクサの漢方の生薬名である「積雪草」でしらべたら結構いろいろなことが書かれている。 改めて、すごいハーブだと思ったわい♪

    スポンサーサイト

    テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/128-08d3eb71
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    整体・病院不要!腰痛は自分で治せます!

    耳鳴りなんて怖くない! 14日間でいままで死ぬほど悩んだ耳鳴り が改善してしまう方法を知りたくありませんか?
    [2011/12/13 08:04] 今すぐ腰痛改善・解消する超簡単な方法

    五十肩の痛みが、ウソのように消える!

    五十肩の痛みをす~っと消せる方法があります。1日1回たった5日の実践、平均で約5回~10回の実践回数で、今まで夜も眠れないほど痛かった五十肩の痛みが、ウソのようにすっと消えます。
    [2012/04/26 09:10] 五十肩を自宅で改善する方法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。