つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    インドから帰ってきました
    ・・・と言うことで、インドからかえって来ました。

    DSC00021w.gif


    今回、本場でのパンチャカルマ、バスティをうけて
    すっかりデトックスできたせいか身も心も軽く、
    ほとんどチャラ男になった ぶらふみぃ です。

    旅の間は いい加減大王 とよばれていました。

    そんなやつのブログですが お付き合い いただければ幸いです♪

    さて、みなさんは、インドってどんなイメージ?

    大都市の喧騒や圧倒的な人の群れ。

    怒涛の物売り。スラムドックの世界。街中を闊歩する牛。

    あるいは 仏陀の悟りやヨガの完成、 ガンジス川の沐浴 など
    静かな内面世界を見つめるスピリチュアルな叡智の国。

    スピリチュアルと一言で言っても

    極彩色の神々や踊るシヴァ神、生首を食らうカーリーマー などなど
    不思議の大国を真っ先に思い浮かべるかもしれないですね。

    一方で 数字の0を発明し、IT技術者を世界に派遣し インド式教育なども
    話題になる 頭脳明晰なひとびと。

    やしの葉で編んだ ゆりかご から核ミサイルまで自国で何でも作ってしまう
    何でもある国。 あと10年もすれば世界第三位のGDPをもち
    中国を追い越し世界一の人口をもつ大国。

    近代史を学んだ人なら パール判事のことを思い出して 論理的な思考回路と
    正義を希求する情熱を見出すかもしれない。

    書き始めればキリがない国。
    100人いれば100通りの姿を現す国、インド。

    どれも本当の姿であり、どれもが正しく言い表したものではないというのは
    当たり前といえば それまでなんだけど、実感しました。

    とにかく どこに行っても人があふれ、また、その年齢層が若い!
    まさにエネルギーの坩堝。 やかましい(笑)

    さて、そんな なんでもある国だから 旅するものは
    心理学的にいえば、自分の内面が外界に
    反映される国といえるかもしれない。

    人は知らないものは、見ることができないし
    興味のないものは、気がつかない。

    裏を返せば、目に付くもの、気になって仕方がないものは
    同じものが自分の心の中にある。

    今は知らないが 20年位前までは インドで「自分を見つめてくる」
    という旅人が結構いたけど、自分の外側に見えるものが
    自分の内側にあると知れば、インドという場所は たしかに
    己を知るには いい場所のようだ。


    自分のこころが整理されていなければ、インドはカオスとなって現れるし
    人生に対する不安や恐怖があれば、その正体を見せ付けられるのだろう。

    そりゃあ、もう お釈迦様が出家しちゃうくらい、無常な世の中を
    見せ付けてくれるのだろう。

     インドなんか二度と行くか!ボケ!! という反応も できるひとなら
    どこに行ってもネタの尽きない楽しい人生を歩めるだろうし(笑)

    アーユルヴェーダやヨガを学びにいく多くの人が叡智と愛を深く感じ取って
    インド大好きになって帰ってくるが、その人たちはすでに、心の中に
    深い叡智と愛を秘めていたのだなとわかる。


     とはいえ、昔からインドを旅慣れした人から見れば
    この数年来のインド、とりわけ大都市の変化はめまぐるしく
    非常に便利になって、きれいになったと、その方がビックリな様子。

    新築の高層ビルやきれいな地下鉄にのってみれば、
    反論の余地はないのだろうけど
    でも同時にぞっとするほどの闇の深さも 一瞬感じさせられた。

    ただ、その闇は いわゆる「豊かな国」から来た
    旅行者の目には届かないくらい闇の中なのだろう。

    その正体は私にはわからない。

    その気配すら、めったに感じさせられることはなかったけど

    それは同じ空間を共有しながらも同じ世界を
    共有しているわけではない この世と あの世 のように
    ほとんど交わることのない 幾重にも重なった世界が「この世の内側」
    にもあることを思わせた。インド 奥が深いわ。 

    ときどき、うっすらと開いたドアの隙間から
    その「奥」がちらちら こちらをみてるんだけど

    「あっ、とりあえず、今回は 「奥」はいいですー。遠慮しておくねー。
    ちょっと、用事があって、先を急いでいるんです♪」

    と足早に通り過ぎてきた。

    そうなのだ。旅人の感傷に浸っている場合ではない。
    今回はアーユルヴェーダの薬草とその育つ環境、空気の質感や土の感触を
    肌で感じ学ぶという目的があるのだ。

    インドの中でも特に飯がうまい南インドにグルメツアーという野望もある。

    今回はイントロダクション。

    次回から 数回 インドレポートです♪

    それにしてもなんか 旅から帰ってきたら 気分がスッキリしちゃったな。
    緊張感が全くなくなってしまって、やばい。

    春の陽気のせいかね?

    DSC00037w.gif

    つぼくさ茶 もだま工房のHPへ




    人気ブログランキングへ




    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

    コメント
    大王さま、お疲れでした
    自称・いい加減大王様
    お疲れまさでした~
    インドでの「KING」な写真、是非アップしてくださいね~
    楽しみにしております(^^♪

    ちなみに、命名したのは「適当大王」だったと思う・・・
    さすが、適当大王!
    [2012/04/03 15:23] URL | ぱどま #- [ 編集 ]

    インドで暮らすと・・・。
    お帰りなさい!って何か月前のこと(笑)
    私も仕事でインドで過ごす時間が長くなり、インドの闇に片足突っ込んで、
    にっちもさっちもです(笑)

    これからヒマーチャルでカンゾウ栽培にも取り組もうかと思っています。
    また遊びに行かせてくださいね。
    [2012/06/10 11:35] URL | ひよこ #mQop/nM. [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/140-81195e07
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)