つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    春の七草摘み
    島に移り住んでまもなくの頃は、
    オジーやオバーと一緒に外で仕事をする機会が多かった。

     面白かったのが、彼らが本当にたくさん
    自然の中から食べ物をとってくること。

    当時は ほとんど毎日のように、仕事の合間に
    みんなして何かしら採っていたように思う。

    冗談で、この島は仕事さえしていなかったら
    (採りに行く時間があるから)食べるのには困らない
    などといっていたものだ。

    珍しい生き物に出会った時に、あれはなーに?と尋ねると
    「あれは食えんから捨てれ」という返事が返ってくる。

    いや、そんなこと聞いていませんから(笑) という感じだけど
    そのくらい自然と人が「食」でつながっていた。

    そして、そんなオジーやオバーたちは 
    70歳を超えても木に登るくらい めちゃくちゃ元気だった。

    今日は七草ですね。
    私も気がつけば忙しくなっちゃって、
    自然の恵みを自らいただくことが少なくなってきました。

    お散歩がてら、ちょっと七草を摘みに行ってみた。

    芹 なず菜 御形 はこべら 仏の座 すずな すずしろ・・・

    亜熱帯の石垣島には、生えていないものもあるけど
    昔から地域によってないものも多く、
    代わりのものが使われているから、
    そのへんはあまりこだわらなくてもいいでしょう。

    とりあえず、せりを求めて湿地に向かうことにした。

    以前はこの辺にもセリが生えていたのに見当たらず。
    外来の植物に押されて植物相は単純になってしまっている。

    せりは諦めて、代わりにクレソンをゲット。
    クレソン


    なずなは石垣島には生えていないので、代わりにタネツケバナ。

    たねつけばな


    タネツケバナも島では夏に見えなくなるので夏無(なづな)ということで♪
    生でも食べられる美味しい草です。

    御形は、一般的な呼び方は母子草。キビ畑でゲット♪

    ハハコグサ


    はこべ(ら)は見当たらず。
    ルリハコベは今の時期たくさん生えているけど、毒草だからこれはパス。
    そばに、イヌホウズキが生えていた。
    あまりは関係ないけどこちらの毒草にしよう♪

    いぬほうずき
    いぬほうずき


    イヌホウズキも毒(ソラニン)があるので生では食べないほうがいいけど
    葉は加熱することで毒が抜けて食べられます。
    全草を乾燥させたものを竜葵(りゅうき)と呼んで漢方薬にもなる。
    疲労回復や解熱、咳止め、利尿などに良いとされています。

    アーユルヴェーダ的にはすべてのドーシャを沈静させて、
    強壮強精作用があり便通を促す優れた食材だそうです。
    アーユルヴェーダ食事法 径書房 参照」

    そして仏の座。 ホトケノザという別の草があるけど
    七草の仏の座は、コオニタビラコ。コオニタビラコは
    島では見かけないのでオニタビラコ。

    オニタビラコ

    ロゼット状に葉が出ている様子がまさに仏の座。

    すずな、すずしろは蕪と大根だから、これは菜園から。
    株は育てていなかったので本当はラディッシュだけど皮をむいて白くした(笑)

    これで揃った♪

    DSC05209w.gif


    自然の中からいただいた食物は
    言葉にできない別のエネルギーが感じられて元気になります。
    七草の風習も もとは「気」を養うための呪術です。
    決してお正月のご馳走で疲れた胃を休めるためだけではないのです(笑)

    こういうことは難しい理屈は置いておいても
    やってみれば感じるものですから、
    どこかで機会を見つけて味わってみてくださいね♪

    新暦で七草を集めるのはちょっと無理がありますので、
    旧暦で、もう一度正月を味わって、
    あらためて七草摘みから春を感じられたらいいですね(^O^)


    スポンサーサイト

    テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/151-69a34e3a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。