つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    バイオエタノールの可能性
    今宵も月がきれいです。


    さて、今日は石垣市ゆばなうれ大使(経済大使)の
    小泉武夫 先生の講演会に行ってきました。

    小泉先生は発酵学の権威。
    『食と農から地域活性を考える』というテーマでお話を伺ってきました。

    地産地消で大成功を収めている
    高知県の南国市の話をはじめ、
    え~話をいっぱい聞かせてもらった。
    でも、そんな中で、ショックだったのが
    今話題のバイオエタノールの話。

    バイオエタノール生産が原因で
    昨今の食物価格が高騰しているのは、
    皆さんご存知のとおり。
    ついでに、
    その原料であるとうもろこしを作るために、
    アマゾンの原生林がすごい勢いで
    切り開かれているのも
    皆さん知っていますよね?

    でも、それじゃ何のためのバイオエタノール?
    という疑問もさることながら
    この生産技術、植物の糖類をアルコールに変え、
    それを蒸留するというプロセスを通さないと
    エチルアルコールを作ることが出来ないらしい。
    まぁ、純度を高めるにはそうだわな。単純にいって。
    で、蒸留するためには、それを炊き込まなければいけない。
    そのためには、沢山の化石燃料を必要とする。
    つまりプラスマイナスしたら、
    どっちがCo2削減かよくわからんそうだ。

    では、どうして国内でこんなに、
    盛んに言われているの?と問えば
    地方自治体がこのバイオ~に取り組めば、
    国から予算が出るからだそう。
    では、どうして国はそんなにバイオエタノールを
    推奨するかといえば
    それは不明だが、
    単純に、もっとバイオエタノールを作ろうと
    ブッシュさんがいえば
    穀物価格が高騰し、
    その結果その原料を生産している
    アメリカの農家&ブラジルで原生林を焼き払っている
    アメリカ穀物メジャーが
    儲かるという構造は、
    理由はともかく間違いなくあるわな。
    どうやらその辺に
    この問題のからくりがあるらしい。

    ちなみに穀物以外のものから
    バイオエタノールを作ろうと言う
    日本の提案を拒んだのはアメリカとブラジルだったね。

    バイオエタノールは、神話のようだ。

     じゃあ、それに変わる代替エネルギーは?
    と、場所を変えて、飲みながら話を聞いたら


    もうちょっと昔の生活を見直そうという答えが返ってきた。

    新技術によるオルタナティブなものは、どうやら、なさそうだ。
    いまのところは。

    その後、副市長や市の企画部部長さんたちとお酒を飲みながら
    キューバやスウェーデン、最近の石垣市民の
    ネットワークの話などをさせてもらった。



    やべ~~~~~~!!、えらい反応がいい。

    と、いうことで
    石垣島を、緑の福祉アイランドにするという妄想が
    ちょっと現実味を帯びてきた。

    酒の席だからかもしれないけど(爆)
    一歩前進かもしれんよ。

    楽しくなってきた♪

    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント

    風が吹けば 桶屋が儲かる的ですねぇ><;
    地球の全てが、Money Gameの餌食になる@@;

    先日スリランカのある人が 水がエンジン代わりになる自動車を開発したと・・マイミクさんの日記に**;
    いかにも胡散臭いけど???、ホントだったらいいな^^;
    [2008/07/20 21:20] URL | マリポッサ #- [ 編集 ]


    そうなんですね。
    バイオディーゼルもゴミが半分くらい出るそうですし
    うまい話はないですね。
    [2008/07/21 14:50] URL | ようぞう #- [ 編集 ]


    小泉武夫先生は面白い人ですよね、昔NHKで梅干の廃液を牛の資料用の塩のブロックにするという番組をやっていたとき、小泉先生がその塩のブロックを番組中にベロベロ舐めまわしていてこの人は偉いと思いました。その番組のテーマが廃棄物を有用な商品にするというテーマで、そのアイデアが良いなと思って見たのですが、、、中年のおじちゃんがピンク色の何かをベロベロしてました。

    ちなみにここアメリカでは、バイオエタノールビジネスは環境問題に対する回答とは全く捕らえられていなくて、単に金儲けできそうな石油の代替燃料として捉えられています。今バイオエタノールに投資している人は手っ取り早く利回りの良い金儲けをしたい人なので、精製過程には投資しない(プラントなんて金がかかるだけ)ので、今は原料ばかりが注目されている感じですね。ファンドは原料としての穀物を確保して塩漬けにして値が上がるのを待つということをやっているようで、そのため市場から穀物が消え食料品が高騰しているようです。アメリカではちょっと前まで深刻な米不足で、すごい問題になってました。
    今後は食料などインフレに直結する商品に対するマネーゲームには大幅な規制が入るとの噂です。
    こちらでは穀物ゲームに参加している人たちはモラル欠落者と考えられはじめているようです。
    [2008/08/12 07:33] URL | 脱男 #- [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/22-cf02f174
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。