つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    沖縄の自然のピンチその2
    石垣島でも。。。



    米原リゾート計画予定地に動きがあった。


    米原という場所

    米原という石垣島にはとても美しい海があります。
    そこには、世界でここだけにしかいない昆虫がいたり
    (石垣島にしか、いないのではなく、この米原という
    とても狭いエリアにしかいない!)、
    ヤエヤマヤシという 石垣島では
    この場所だけに群落を作り天然記念物
    に指定されている林があったりする場所です。

    他にもこの場所では約10種類もの天然記念物の
    生き物に出会うことができ、
    レットデータブックに記されている種は数知れずという
    場所です。

    そして その前に広がる海は
    八重山諸島でも1,2を争う珊瑚礁被度と生存度を持ち
    (これは世界でも有数の場所ということになります。)
    海がめが産卵に訪れ、とても沢山の熱帯性海水魚と出会える
    海です。

    石垣島に観光に訪れた方の90%が
    行くといわれるビーチです。

    また、先日、旅行ガイド
    「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」フランス語版で、
    最高の「3つ星」に格付けされた川平湾(石垣市)の、
    湾を挟んだ対岸につながるのが、この米原の海です。
    ちなみに、石垣島は「2つ星」に格付けされました。

    http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20090203rky00m040005000c.html

     その海岸近くに大型リゾート計画が
    持ち上がったのはもう何年も前でした。
    この計画は大きな反対運動を呼び起こし、
    それを機に島では自然や風景を守ろうという運動が広がりました。

    stop米原リゾート

    当初、事業主体の企業側は環境調査をした結果
    反対派が主張するような自然は、このエリアにないと
    インターネット上などで反論を主張していましたが
    市民の調査で、その環境調査のデータの編集(改ざん?)が、
    あきらかにされ、さらに、その運動のさなか、
    その海は、生物の多様性を理由に国立公園(海中公園)
    に指定されました。
    そして山側も、国立公園になりました。

    さらに石垣市は
    自然環境保全条例や、風景作り条例を施行。
    今では市の定めた、これらの条例を破らなければ、
    このリゾート計画は実現できなくなり、
    事実上凍結されていたのでした。

    ところが、市や県に対してすら
    開発同意申請を出すことなく、
    いきなり、このリゾート予定地の開発が始まった。

    もし、リゾートのための造成ならば
    無許可開発です。


    現在、事実確認中ですが、
    一昨年リゾート開発のために
    『農業振興地』の指定を除外した
    この土地で、この大手企業と、
    この土地の売買契約をした
    法人が農業をするために
    現在、造成が行われているそうだ。

    それならば、この企業はは、この土地に
    リゾートを作ることを完全にあきらめたのだろうか?


    農地を作るためといわれれば仕方ないと
    役所は判断したそうだが、
    一時このように、農地にするからといって森林や原野を
    造成開発し、1~2年したら、宅地やリゾート開発を
    すれば、市の条例による規制の網を
    かいくぐることが出来る。

    これは、その為の脱法行為に違いないという憶測が
    広まり、心を痛めている。

    この、憶測が事実で無いならば
    いらぬ疑いをかけられないように
    企業側は、「リゾート撤退」を表明してほしい。

    さて、

    リゾート開発予定にあたり
    企業は石垣市に提出した
    「環境調査報告書」に、
    この計画地に住む天然記念物の
    オカヤドカリの保護の方法について、
    次のような手法を用いると書いている。


    「自力移動を促す。」


    この、伐採の前に、ちゃんと促してくれたのだろうか?


    PICT0001y2.jpg


    PICT0003y.jpg


    ヤドカリが、企業の説得に応じて
    速やかに避難してくれたことを望みます。泣

    なお、事実に誤りが無いか、この企業には質問をし、
    返答がありましたら、こちらで、その意見も書かせていただこうと思います。

    最後に きれいな米原 の映像をお楽しみください。




    スポンサーサイト

    テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/44-ac5d98c1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。