つぼ草日和 ~ブラフミープロジェクト~
    沖縄の離島石垣島で、アーユルヴェーダハーブの栽培に取り組んでいます。自然と人間の暮らしの調和をテーマに生きる事にしました。島の野草や生き物たち、畑のこと、書いて行きたいと思います。
    プロフィール

    ぶらふみぃ

    Author:ぶらふみぃ
    もだま工房


     FBだけの ちょっと、お得なお話も あるかも?

    ブログランキング

    ブログランキングに登録してみました。 アンチエイジングについてのブログが集まっています。

    ↑アーユルヴェーダブログがたくさん♪

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「八重山の観光開発と環境問題」
    台風などの影響で、とても涼しい石垣島。
    先月までは、どちらかというと雨不足で
    植物たちもあまり元気が無かったけど、このところの連日の雨で
    みどりが生き生きしてきました。

    ツボクサも、とても艶々していて成長スピードも速く美味しそう♪
    tubokusa1.jpg


    石垣島では冬には雨が多い時期。
    湿り気の好きなツボクサはとても元気に育ちます。
    (ただ、温度が約13度を下回ると元気がなくなります。)
    そして、梅雨時も。夏、スコールが来ればやっぱり元気に育ちます。
     沖縄ではツボクサ栽培のコツは、いかに満遍なく
    水撒きができるか。と同時に、水遣りをすれば
    雑草もよく育つので、それをいかに抑えるかがポイントになります♪

    tubokusa2.jpg


     無農薬にこだわれば、当然除草剤なども使えずに、
    草取りが一番の手間になります。
    でも、そういう薬を使わないことで、
    畑とその下流には、小さな生き物たちが増え、
    その命の連鎖は海にまでつながります。

    「有機無農薬」は、それを食べる人の命を守るためだけではなく
    それらの食べ物が作られる場所に宿る「いのち」を守る取り組みです。

    tubokusa3.jpg


     近年、石垣島の周辺の海では珊瑚が
    とても少なくなってしまいました。
    石西礁湖という、日本最大級のさんご礁が
    もだま工房の畑から見える海に広がりますが、
    そこの珊瑚も、沖縄復帰当時から比べれば
    実に7割が既に死んでしまいました。
     
     理由は、ひとつには畑などから流れ出る赤土によって、
    珊瑚と共生しているプランクトン「褐虫藻」が
    光合成が出来なくなり、その栄養を食べている珊瑚が
    栄養を貰えず餓死してしまうこと。

    (つまり珊瑚は動物なんだけど、その「褐虫藻」は
    光合成をする植物の一種。そこに、除草剤などが流れ込めば
    、植物だから死んでしまうか、弱ってしまう。
    もっとも、海で希釈されるし、最近の除草剤は
    水の中に入ればその活性が失われ無毒化されるとも
    言われていますが、私はそうは思いません。)

    また、近年の気候変動(温暖化)によって、
    非常に多くのサンゴが白化して死んでしまいました。
    この白化も、水温が高くなると共生している
    「褐虫藻」が、珊瑚から飛び出してしまうことによっておきます。

    さらに、気候変動といえば
    、沖縄の海はこの40年の間に17,3cm上昇しました。
    あと59cm上昇すれば、沖縄の全ての砂浜が消えてしまいます。

     全て、人間の活動による結果。

    そんなことを踏まえたうえで、
    先日10月9日

    「八重山の観光開発と環境問題」

    沖縄大学の桜井学長の講演会に行ってきました。
    とてもすばらしいお話でした。

     2009「量より質求める時代に」環境保全型観光を訴え
    ↑ のリンクはそのときの八重山毎日の記事ですが
    、ちょっと補足。

     桜井学長は、沖縄環境ネットワークの世話人でもあり、
    かつて、石垣島で、場違いな大型リゾート計画が持ち上がり
    反対運動もおきましたが、その際も
    沢山のお知恵をお借りいたしました。
    行動する研究者です。

    この講演会の中では沖縄に住むものとしては、
    とても耳の痛い事実も沢山紹介されましたが、
    新聞には載ってないので、代わりに紹介させてもらいます。


    1 日本では1990年比 -6%CO2を削減する目標を掲げたが、
    実際には2000年の段階で+8%増加させてしまったことは
    皆さんご承知のことですが、
    沖縄ではなんとこの20年間に37%増加している。
     理由は沖縄がアメリカ型の超車社会になってしまったこと。

    でも、温暖化により台風が大型化し、沖縄にも沢山来るようになる。


    2沖縄はかつて、日本一の長寿県として有名だったが、現在はむしろ短命なほう。
     そして、現在の沖縄のライフスタイルがもたらした物は
     男性 47%  女性26% が、肥満。
    なんと肥満率日本一♪

      これも、アメリカ統治をへた食生活の変化が大きな理由でしょう。
    沖縄は夏、作れる野菜が極端に少なくなる。
    (アジアの食材に目を向けよう。ツボクサ栽培はその先駆けだ。
    ↑ そんなことは桜井学長は言ってませんが、そのつもりで、もだま工房では
    アジアの野菜の栽培研究をしています♪)

    3 日本の食料自給率は39%しかないことは有名ですが、沖縄は
    これほどのみどりと海に囲まれているのに27%しかありません。

    沖縄の農業政策は見直されるべきでしょう。

     さて、来年は「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)が
    愛知・名古屋で開催されます。 
     石垣島にも、絶滅の危機にさらされながら
    なんの対策も立てられていない生き物が沢山居ます。
     そんな中、石垣島に拠点をもつWWFジャパンは島の生物多様性マップの製作に
    今、取り組んでいるようです。

    http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/index.htm

     沖縄の食と農業と生物多様性の問題。今沖縄、石垣島は過渡期です。


    もだま工房へ




    スポンサーサイト

    テーマ:農業 - ジャンル:海外情報

    コメント
    お久しぶりです。
    こんにちわ。
    すっかり秋になりました。
    こちらでは朝晩はずいぶん涼しく、昼間も長袖を着る事がおおいです。

    ところで、この記事を当店(BlessingGift)のブログでもだま工房さんの記事として転載しても宜しいでしょうか?。

    広く沢山の方に読んで欲しいと思いました。
    ご迷惑でなければどうぞよろしくお願いいたします。
    [2009/10/15 16:24] URL | 中村 #- [ 編集 ]

    Re: お久しぶりです。
    こんにちは。
    すっかり秋ですね~。
    というより石垣島は雨期(笑)
    でも、涼しくて気持ちいいです。

    > ところで、この記事を当店(BlessingGift)のブログでもだま工房さんの記事として転載しても宜しいでしょうか?。
    >
    もちろんです。うれしいです。
    ありがとうございます。



    [2009/10/15 21:52] URL | ぶらふみぃ #- [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://tubokusa.blog119.fc2.com/tb.php/56-bc8f0920
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。